教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 准教授

食物栄養学科

櫻井さくらい 千佳ちか

私が今、考えること

ライフワークとして、生活の場での食支援を行っています。病院とは全く異なるアプローチが必要なため日々勉強です。地域の皆さんに多くのことを教えてもらっています。

俯瞰的な視点で食について考えるようになりました。

受験生
学生へ一言

大学病院勤務時代は、患者さんからコミュニケーションツールとしての「食」の大切さ、可能性を教えてもらいました。「食」は生命を維持するために単に栄養をとることだけではなく、世代を超え、地域を超え、国境を越え、人と人との距離を簡単に縮め、あたたかいつながりを作ってくれる最高のツールです。「食」は生活や人生の充実という点でもとても重要です。より深く「食」について学んでみませんか?栄養士、管理栄養士は社会をより良くしていくために必要な資格だと私は思います。

学歴

学位

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 講師

食物栄養学科

安嶋やすじま まなみ

私が今、考えること

食環境が多様化する中、子どものころに身についた食習慣を大人になって改めるのは大変です。健やかに生きるための基礎となる子どもの食育はどのようにあるべきかを考えています。

受験生
学生へ一言

学生の時期は新たな一人暮らし、勉強の忙しさ、アルバイト等で食事時間が不規則になり生活リズムが乱れやすくなります。夜更かしをして起床が遅く朝食を抜くといった状態では集中力が出ないまま午前の授業に臨むことになり、学習効率も悪くなります。多くのことを吸収し学びが深まるときだからこそ、生きる基本である食事を大切にし、生活が不規則にならないよう心掛け、心身ともに健康な状態で勉学や各々の活動に励んでください。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 講師

食物栄養学科

森田もりた 一雄かずお

私が今、考えること

現在短期大学食物栄養学科1年生の担任と大学ソフトボール部監督を務めています。どちらの立場でも、学生が主役になって欲しいと願っています。

受験生
学生へ一言

いよいよ実社会へ羽ばたく最後の時期を迎えています。知識を多く得ることはもちろんですが、良き社会人となるための常識も多く身に付けて下さい。

学歴

学位

担当科目

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

現代教養学科

槻木つきのき ゆたか

私が今、考えること

「いま考えていることを考えている」と言うと、不親切。「いま【まで宗教者の主体性について少し考えてきたことを、言語哲学の成果を土台にして表現するとどうなるか?と、】考えていることを【うまく文字化したいと】考えている」と補うなら、ちょっとだけ親切。もっともっと親切でありたいと考えている。

受験生
学生へ一言

受験生へ……「あなたは大学生ではありません。受験生ですから、広く、できるだけ楽しく受験勉強をしましょう」

大学生へ……「自分を就職試験の受験生と限定視する必要はありません。大学生ですから、楽しく、できるだけ広く、大学生としての誇りを持てるよう勉強しましょう。排泄を目的にして食事しても美味しくないでしょう。『詰まらない』だけです」

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

現代教養学科

吉田よしだ 若葉わかば

私が今、考えること

与えられた今と、素直に向き合うよう努めています。出会う人によって、出会う場によって、私の心持によって、その模様はいろいろですが、感謝です。

受験生
学生へ一言

大いに自分らしさを発揮して、学生生活を過ごしてください。
周りの“おもしろい”こと、“なぜ?”を見つけて、いろいろ想像してみてください。
その時々の自分の “気づき”や“気持ち”を意識して、自分らしい表現を育ててください。

学歴

専門分野

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 准教授

食物栄養学科

西野にしの 洋一よういち

私が今、考えること

半世紀以上前14歳の時から海そして漁師に憧れて『老人と海』(下記おすすめの本)を読み、文庫版で100P余りですので10回以上読み返しています。近頃は高齢者の仲間入りをしたせいか、「荒海の中で生きぬく人間」を本の中から感じ取っています。一方、私は(教員7年を含めると)40年近くを『給食』の現場で『栄養士』を看板に仕事をしてきました。山谷はいろいろありましたが長く続けられたことに感謝しています。

受験生
学生へ一言

その『栄養士』の体験(良かったこと、失敗したこと)を少しでも若い方々に伝えられたらとの思いで一杯です。給食というと「学校給食」が思い浮かびますが、医療(病院)や福祉(高齢者・保育所)そして産業(社員食堂)など幅広い分野での食事提供を通して栄養管理を行う重要な仕事です。是非一緒に取り組んでみましょう。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 助教

食物栄養学科

平山ひらやま 雄大ゆうだい

私が今、考えること

「病気ではなく、人を診た医療を。」

病気に対する栄養学的な話は、ネットを見れば簡単に手に入る時代。だけど、そこに書かれているのはあくまでも“病気”についてであり、“その人にとってどうか”ではないという事。

目の前の人がどんな生活を送り、どういう価値観をもっているのかを知り、私はその人と向き合いたいと考えます。

受験生
学生へ一言

ここを読む人はきっと何らかの希望や夢を持って、栄養士や食物に関わる事を目指す人だと思います。その希望や夢を強く持ってください。その力は、あなたの原動力になります。活力になります。はたまた、揺るがない自信にもなります。

不思議なもので、それを言葉にすることで叶えられることが多くあったと、私自身が経験しています。

まずは、あなたの持つ希望や夢を言葉にして、誰かに伝えてみてください。それが最初の一歩です。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

食物栄養学科

中塚なかづか 晴夫はるお

私が今、考えること

東日本大震災を仙台で経験しました。その時に、水と食料の大切さを実感し、また、人間も動物、水と食べ物があれば落ち着くことも実感しました。まず、その備えから始めてください。北陸は災害が少ない良い土地らしいのですが、油断があるような気がします。

受験生
学生へ一言

高校生から・大学生の時期は、青春小説の甘酸っぱさより、どうなるのか・どうしたらよいのか、こんな思いにとらわれている人が多いとおもう。それを他人は、たとえ親ですら、何もできない。人類の永遠の繰り返しです。

「明日は明日の風が吹く」、これでやってみませんか。私が皆さんの年のころ、この言葉を、若い人への励ましの文章の中で読んで、少し楽になった気がしました。少年老い易く学成り難し、これも事実でしょう。でも時には楽天的な言葉も良いものです。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 講師

現代教養学科

村上むらかみ とも

私が今、考えること

日本は少子高齢、人口減少社会に突入しています。歴史上初めてのことです。働き手が減少し、助けが必要な人が増えるのですから、今以上の経済成長は困難なのかもしれません。変えられない現実を受け容れて「私個人」、「私がいる社会」の豊かさの実現について、別の処方箋を考える時期に来ているのかもしれません。

受験生
学生へ一言

国が観光を正式に成長戦略化したのは21世紀になってからです。これは諸外国の例を見ても、驚くほど遅れています。また、観光学の定義についても未だに曖昧です。日本は観光後進国と言ってもいいのかもしれません。ですがこれを逆に捉えると、将来の伸びしろがある・成長分野であるということです。誰でも豊かな幸福な生活がしたいでしょう。観光業は平和な社会、国際交流に大いに貢献しています。また「人財」によるところが大きいビジネスです。魅力ある人になることが、必要なのではないでしょうか。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 助教

現代教養学科

村山むらやま 大樹たいき

私が今、考えること

「あそび」は最高の学びです。多くの子どもやそれを支える人々と関わる中で、その魅力に気付くことができました。あそびの大切さは大人の社会でも発揮されます。ちょっとしたユーモアやこだわりが心を穏やかにし、仕事の質を大きく向上させる。そんな「あそび心」が、社会を切り開く力にもつながっていくと考えています。

受験生
学生へ一言

高度情報化社会や超高齢社会に突入した現在、辛い経験をしてきた人こそ、真に弱い立場の人の力になれると信じています。何かにつまずき、今、自分に自信がない人にも、学生生活の中で人の役に立つことの喜びに触れ、少しずつ自信を付けていってほしいと思います。人は志次第で、成長し変わることができます。本学での様々な学びの中で、自分を磨き、生き方を見定めていく、そのための一助となれることを楽しみにしています。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 講師

現代教養学科

小里こさと 千寿ちず

私が今、考えること

人は常に変化し成長しています。どのようなきっかけや経験がその糧になったのかを調べています。その変化にはもちろん個人差がありますが、多くの人に共通する成長の機会を捉えて効果的な教育ができればと考えています。

受験生
学生へ一言

これまでの高校生活までは、決まった枠組みの中でやれることを頑張ってきたことでしょう。大学では多くの道が開けていると共に、選択の責任が伴います。自分の可能性を信じて、たくさんのチャレンジをする中で自分の将来の道を見つけて欲しいと思います。その拠り所となるのは、これまで皆さんが頑張ってきたことや大事にしてきたことの中にあるのです。それを早く見つけて、皆さんが充実した学生生活が送れるようサポートしたいと考えています。共に成長しましょう。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学教授

現代教養学科

高他たかた たけし

私が今、考えること

ヒトの社会はかなりの部分、言葉でできています。ヒトが考えたり行動したりするときに言葉がどう関わるか、あるいは関わらないか、いろいろ調べながら、ヒトの社会の成り立ちについて考えています。

受験生
学生へ一言

今、社会の激動期だと言われます。しかし、激動期は今に始まったことではありません。

少なくともこの百年か二百年、日本の社会は常に大きな変化の中にありましたし、世界を見ても同様でしょう。

だから焦るな、とは言いません。むしろ若い人たちには大いに右往左往して、精一杯貪欲に、新しい知識を吸収してほしいと思います。

大学・短大は、そのための場所です。

学歴

学位

専門分野

担当科目

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 助教

食物栄養学科

橋詰はしづめ 奈々世ななせ

私が今、考えること

ヒトは1日3食で80歳まで生きるとすると、人生で87,600回の食事を摂ることになります。この数字が多い、少ないと感じるのは人それぞれだと思います。限られた回数の食事を楽しむためには、日々進化する『食』の情報をどのようにとらえ判断することが重要なのかということを考えています。

受験生
学生へ一言

“栄養士になりたいと思ったキッカケは?”
栄養士として働くには、様々な知識を身につけ、実践する力が必要です。短大では専門的な学びが多いため、難しいと感じることが何度もあり、くじけそうになることもあるはずです。しかし、みなさんが栄養士になりたいと思ったキッカケを思い出すことで、難しいことも乗り越えられると思います。2年間という時間はとても短く、あっと言う間に過ぎてしまいます。価値のある2年間となるよう、進んでいきましょう。

学歴

学位

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

食物栄養学科

原田はらだ 澄子すみこ

私が今、考えること

「生涯健康でいきいき過ごしていくためには、どうすればよいのでしょう。」年齢がかさむにつれより真剣に考えるようになりました。「健康寿命の延伸」を生涯の仕事とし、少しでも国民・県民に寄与出来たらと考えています。

受験生
学生へ一言

「食べる」ことは生きていく上での基本です。若いからこそ「食べ方」が問題なのです。これから先の人生を楽しく豊かにしてくれるのが食べ物です。身体だけでなく、喜び、安らぎといった、心の豊かさにもつながります。人とのコミュニケーションも生みだします。「食」の大切さを認識し、食に対する考え方を様々な角度から見直してみませんか。
健康づくりには「食事のバランス」が大切です。そのためには、食を選ぶ力を養うことです。

学歴

学位

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等

教員紹介

金沢学院短期大学

金沢学院短期大学 教授

食物栄養学科

諸岡もろおか 康哉こうさい

私が今、考えること

現代社会の特徴の一つは、子どもの育ち方、育て方が大きく変わり、子育て困難社会になっていることがあります。学校教育や家庭教育を含めてその背景や原因、さらに対応の在り方などを考えています。

受験生
学生へ一言

今日の自然環境問題を最初に提起した女性科学者レイチェル・カーソンの最後の著作は子どもたちに伝えようとしたものでした。書名は、センス オブ ワンダー(Sense of Wonder)です。日本語に訳せば「不思議だなと思う感覚」でしょう。こういった感覚を失わずに、受験生活、学生生活を送ってほしいと思います。きっと新しい発見や新しい見方が生まれてくると思います。

学歴

学位

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等