金沢学院短期大学

DEPARTMENT

食物栄養学科

キャリアアップをめざす栄養士を養成する

食物栄養学科は、社会から大きな期待を受ける栄養士を養成する学科です。実務経験を積み、管理栄養士国家試験に合格するために、卒業生を対象にした対策講座なども実施しています。

食物栄養学科の特徴

01
FEATURE

講義・実験・実習を通して、
栄養と健康をさまざまな角度から学ぶ

食と栄養、健康に関する幅広い分野での経験豊富な教員とともに、充実した設備環境の中で栄養士としての力を身に付けていくことができます。多彩な講義・実験・実習を通してさまざまな角度から栄養と健康を楽しく学びながら、専門的な知識と技術、またそれを生かす実践力を養っていきます。

02
FEATURE

栄養教諭・社会福祉主事の資格取得

食物栄養学科では、「栄養士」の免許だけではなく、学校給食などで食の指導を行う「栄養教諭二種」の免許、食に関する高度な知識・技術を有する「フードスペシャリスト」の認定試験受験資格、福祉施設への就職で提示できる「社会福祉主事」の任用資格も取得が可能です。

ピックアップ授業

給食管理実習Ⅰ

特定多数の対象者へ継続的に食事を提供する「特定給食施設」における給食の運営を実習で学びます。献立作成と発注、検収、調理など栄養士の業務を理解し、安全・安心の食事を提供するために不可欠なHACCPシステム(衛生管理)を実践するために調理工程の理解を重点的に学びます。

栄養指導論実習

栄養指導論実習では、栄養アセスメントや栄養指導のための食事計画、媒体作成を通して個別・集団への栄養指導について実習し、栄養士に必要なコミュニケーションやプレゼンテーションのスキルを習得していきます。

応用調理学実習

栄養成分や食品の機能性を生かす調理操作を身に付け、栄養士が働く多種多様な職場で実践できる応用力を修得することを目的としています。また、調理過程での労力・熱源・調理器具の無駄を省き、効率良く、合理的に進められる作業管理力も養っていきます。さらに、さまざまな料理様式の特徴を学ぶことで、多様化した食生活に対応できる力を習得していきます。

食品学実験

食品学実験では、①食品中の成分(でんぷんやカロテン)を顕微鏡により観察し、植物の種類によって異なる形態を確認、②各種の食品を対象にタンパク質、脂質、カルシウムなどの成分量を測定し、その含有量が異なることを確認、③調理法による食品成分の分解と栄養素の損失の確認、といった各種の実験を通じて、栄養士が身に付けるべき食品の特性について理解を深めます。


目指す将来像

  • 病院
  • 保育所
  • 飲食店
  • 高齢者介護施設
  • 事業所
  • 行政機関
  • 学校
  • 食品メーカー
  • 進学(大学編入) など

取得可能な資格・検定

  • 栄養士
  • 社会福祉主事(任用資格)など
  • 栄養教諭2種免許状
  • フードスペシャリスト
    (認定試験受験資格)

Q&A

A.病院や高齢者介護施設での「給食の運営」という実習が中心になります。栄養教諭を履修する学生は、小・中学校の学校給食センターでも実習を行います。
A.食物栄養学科の学生の就職先として、委託給食会社や保育所、高齢者介護施設、医療施設などがあります。就職率は8年連続100%を達成しています。
A.本学科は卒業までに栄養士の免許を取得できますが、在学中に管理栄養士の国家試験を受けることはできません。卒業して実務経験を3年以上積むか、大学など養成校に編入して管理栄養士国家試験受験資格の必修科目をもれなく習得すれば、受験することができます。
A.栄養士法という法律を解釈すると、栄養士は主に健常者への栄養の指導を、管理栄養士は傷病者および健康の保持増進のための栄養の指導、特定給食施設の管理を行うと記載されています。管理栄養士は、より複雑で高度な知識と技術を要する業務を任され、医療・福祉施設等においては、管理栄養士が栄養管理することが施設運営の諸条件に含まれます。
A.編入は、短大を卒業し大学3年次から始めることになります。栄養学科では、管理栄養士に必要とされる高度な知識や技術を学びますので、まずは、短大での専門的な教科を学び、理解しておくことが大切です。また、さまざまな人と交流してコミュニケーション力を高めること、新聞や本を読むなどして国語力を養うことも大切です。
A.専門基礎科目には栄養学、生化学などがあり、それらを理解するには理系科目の知識が必要です。そのため短大では、教養科目に理系科目の復習をする講義を設け、入学してからもフォローを行っています。
A.可能です。ただし、2年次には実験実習科目が多くなり、レポート等の課題も増えますので、自己管理の下、学業に支障を来さない範囲で時間を上手に使うようにしましょう。
A.卒業要件を満たし、かつ栄養士免許の必修科目をもれなく習得すれば取得できます。
A.現行の制度ではありません。