キャンパスガイドや募集要項の請求はこちら

教職センタートップバー

3ポイント

教員志望学生の総合サポート拠点

  • 北陸の私立大学で最多の輩出実績

金沢学院大学はこれまで北陸の私立大学としては最多クラスの200名を超える教員を輩出してきました。それは、「絶対に先生になりたい」という強い意志を持った学生一人一人の努力と教職員による支援体制の成果と言えます。
こうした実績をさらに伸ばすため、2018年4月の大学文学部教育学科と短大幼児教育学科の開設に合わせ、学内に「教職センター」が設置されました。新学科開設により、教員養成に長く携わってきた実績のある研究者や学校現場での経験が豊富な教員、教科内容を分かりやすく教える専門家が加わり、教育内容が一層充実しました。これにより、教職センターは、よりきめ細やかで組織的な指導、相談体制が整い、教職関連事業の全ての窓口として、保育実習・教育実習・介護等体験・学習支援ボランティアへの支援をはじめ、各自治体の教育委員会やいしかわ師範塾との連携を図っています。

  • 試験突破の力を付ける対策講座・個別指導の充実

教員になるには、教員免許を取得し、各自治体や私立学校が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。近年、大学3年次に採用試験を受験可能にするケースや、学校種を統合して採用する自治体など、時期も内容も多様化しています。
そこで、教職センターでは、各都道府県、政令指定都市、私立学校で異なる試験内容を受験予定者に紹介するとともに、試験突破の力を付けるため、1年次から教員採用試験対策講座や個別指導も行っています。また、2・3年次の3月には集中的に教員採用試験対策を行う1泊2日の合宿を実施しています。
もちろん、教職に対するあらゆる悩みに応じ、卒業後も教員免許の更新講習を行うだけではなく、教員の職業能力を高めるための支援を続けていきます。

  • 多くの学科で教員免許が取得可能

金沢学院大学では、多くの学部・学科で教員免許が取得でき、その種類は幼稚園、小学校、中学校、高等学校、栄養教諭と、教育の全領域に渡っています。また、教育学科では保育士資格も取得できます。つまり、どの学部・学科に入学しても、進路の選択肢の一つに「学校の先生」を入れることができるのです。
教職センターは、こうした進路を「夢」から「現実」にするための場所です。教員採用試験対策に加え、学校現場の実情や最先端の教育方法、外国のさまざまな教育内容などについて常に情報収集・研究しており、目標は単なる現役合格にとどまりません。卒業後に即戦力として各学校や幼稚園・保育所で働き、幼児や児童生徒、保護者に愛され信頼される教員になるためのサポート体制を整えて皆さんを待っています。

都道府県別に教員採用試験情報をつづったファイル(右側)=教職センター▶

●教職センター_小カット写真

金沢学院大学で取得できる教員免許状・保育士資格

文学部教育学科 ◎小学校教諭一種免許状  ◎中学校教諭一種免許状(英語)◎幼稚園教諭一種免許状  ◎保育士資格
文学部文学科 ◎中学校教諭一種免許状(国語・英語・社会)◎高等学校教諭一種免許状(国語・英語・地理歴史)
人間健康学部 ◎中学校教諭一種免許状(保健体育)◎高等学校教諭一種免許状(保健体育)◎栄養教諭一種免許状
芸術学部 ◎中学校教諭一種免許状(美術)◎高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)

 

教職センターはこんなところです

「先生になりたい」と思っても、不安や悩みがたくさんあるものです。そのような学生は教職センターを気軽に訪ね、相談してみてください。スタッフが皆さんと一緒に最善の方法を考えます。以下は主な支援内容です。

教員免許取得に向けた充実の相談・支援体制

実習前から実習後までを丁寧にサポート

教職センターでは個別相談体制も整えています。先生になりたいと思う学生には、先生になるまでの道筋や教職科目の履修方法などを説明します。 教職課程には実習が組み込まれています。教育実習の受け入れ先の確保から実習を終えた後まで丁寧にサポートしますので、安心して実習に臨めます。

絶対、先生になりたい人への試験対策

教職の本質に迫る講座・講話

実際に教壇に立つには教員採用試験を突破しなければなりません。そこで、試験に向けて①筆記試験②論作文③面接試験④模擬授業⑤実技試験の5項目が学べる教員採用試験対策講座を開講しています。資料や書籍も充実しており、仲間と一緒に学び合えます。 先生という仕事のやりがいや魅力について現場経験の豊富なベテラン教員が分かりやすく伝えます。

 

採用試験突破に向けて毎週、対策講座

教員採用試験の突破に向けて教職センターでは毎週、さまざまな対策講座を開設しています。「何としても先生になりたい」という学生に、教員を志望する心構えだけでなく、模擬授業、論作文、面接など具体的なテーマに絞った講座が、正課での授業とは別に用意されており、学生は現役合格を目指して自己研鑽に努めています。以下は、教員採用試験対策講座のおもな内容です。

採用試験画像

保育者を目指す学生を応援します!

教職センターでは、幼児教育の専門家を目指す学生に対する講座も開講し、大学教育学科と短大幼児教育学科の学生が受講しています。1年次には、保育士資格や幼稚園教諭免許の取得に不可欠な実習に向けた対策講座が開かれ、2年次以降は、自治体の採用試験に備えた対策講座が用意されています。 保育者を目指す学生にとっては、学科での学びと連動した強いサポートとなっています。

保育画像

教職を目指す皆さんへ

変化の時代に期待される教職にチャレンジ

学校教育は今、大きな転換期にあります。毎年4月に全国学力調査が実施されていますが、皆さんは小中学校時代に経験したことを思い出すのではないでしょうか。これまでいろいろな分野の学習を重ねてきたと思います。あらためて小中学生が挑む国語や算数・数学、そして今年初めて導入された英語の設問に取り組んでみてください。学校では今、どのような力を育むことが目指されているのか、実感できるはずです。
Society5.0といった言葉を見聞きしたことはないでしょうか。グローバル化や情報デジタル化がこれまで以上に進み、人工知能AIの日常生活への浸透も大きく影響して私たちの暮らしは一変していくだろうと多くの識者が予測しています。これからの社会の担い手となる子どもたちが学校時代に身に付けておくべき力は、これからの大きな時代の変化に対応できるものでなければならないと言えます。
すでに幼児教育段階で新たな実践は始まっています。小学校以降でも、2020年度からの小学校を皮切りに、中学校、高等学校と順次、次代に向けての新たな取り組みがスタートしていきます。先駆的な実践に取り組む全国各地の学校に足を運んでみると、すでに学びの風景が大きく様変わりしつつあることに気づかされます。
こうした時代の変化の波の中にあって大きな役割を発揮するのは、信頼できる、そして指導力のある教師の存在だといえます。さまざまな学習課題を通して子どもたちの学びを先導していく教師への期待は極めて高いものがあります。教職の世界ほど日々実践する仕事の魅力や未来の可能性に期待感を持ちながら携われる仕事はないといっても言い過ぎではないでしょう。
教職センターは、教職を志望する皆さんを応援し、その希望が実現できるようにあらゆる角度から手厚く支援する拠点となっています。
教職の担い手としての指導力を確実に磨いていくために、年間を通じて各専門分野の充実した講師陣による指導講座も幅広く提供しています。常駐する経験豊かなスタッフが一人一人の要望を踏まえて相談に応じながら、サポートしていきますので、私たちと共に、教職への夢を実現してみませんか。

教職センター長_コメント_田邊俊治カット
田邊俊治 教職センター長
( 文学部教育学科教授)

現職教員へのサポートも充実

教職センターでは、すでに教壇に立っている教職員への支援も行っています。
2018年度には、北陸で唯一文部科学省委託の「小学校英語教科化に向けた専門性向上のための講習の開発・実施」事業に採択され、現職の小学校教員を対象とした中学校二種免許状(英語)取得のための免許法認定講習=写真=を実施しています。
2019年度には、同省委託の「幼稚園教諭免許法認定講習等推進事業」にも採択され、幼稚園教諭二種免許状を有する現職教員を対象に、一種免許状取得のための免許法認定講習を開設します。
このほか、免許状更新講習や研修会を多数設けており、本学の教職員が持つ最新の教育的知見が本学卒業生に限らず地域の教員に提供されています。

更新講習

cover2017  ■教育研究所紀要

cover2018 ■教職センター紀要