金沢学院大学

ACADEMICS

スポーツ科学部2021年4月開設

2021年4月、スポーツ科学部 開設

これまでスポーツ健康学科として取り組んできた学びを進化させ、スポーツ科学部を開設します。「アスリート・指導員養成」「体育教員養成」「公安・公務員養成」「スポーツビジネス」の4専攻のもと、スポーツ科学と健康科学を理論と実践から学ぶとともに、総合的に人間力を高め、地域社会やスポーツ業界に貢献できる人材を育成します。

学部の特徴

01
FEATURE

専攻を意識した基礎的各知識と技術を習得し、2年次から4専攻に分かれます

アスリート・指導員養成専攻
 全国から国内トップレベルの選手が集結
 五輪クラスの指導者と運動科学者がサポート役に
体育教員養成専攻
 現場で即戦力になる人材を養成
 採用試験対策を徹底強化
公安・公務員養成専攻
 スポーツ政策論や行政・法律を学ぶ
 採用試験対策を意識した授業も展開
スポーツビジネス専攻
 経営管理、マーケティングなど幅広く学ぶ
 理論を現場で実践する応用力を養う

02
FEATURE

併設される栄養学部と連携して広い視野と知識を獲得

「栄養学部」と連携し、アスリートやトレーナーなどスポーツに関わる者にとって重要な「食と栄養」についての専門知識を学ぶことが可能です。アスリートには専門家からの栄養指導を受けられるという大きなメリットもあります。
※栄養学部は2021年4月開設

03
FEATURE

大学院へ進学して、より深くスポーツ健康学を学ぶ

2015年4月に開設された本学大学院スポーツ健康学研究科(修士課程)へ進学することも可能です。スポーツ健康学研究科では、3つの履修モデル「地域のスポーツ・健康推進リーダーモデル」「スポーツ指導者モデル」「保健体育教員モデル」を設定し、スポーツ健康学に関して広い視野に立った専門性や実践的な指導能力を修得し、地域社会の発展に貢献できる人材、特に地域のスポーツ推進リーダーやスポーツ指導者などの人材を育成します。また、中学校・高等学校「保健体育」の専修免許状を取得できる教員養成課程を設置し、学校教育分野で活躍できる人材を養成します。

学部の魅力

スポーツクラブ隆盛で指導者需要
リハビリにも挑戦型トレーニング

超高齢社会を迎え、高齢者が求める健康づくりのための運動は、リハビリのための運動処方よりも、低強度ではあるが挑戦型(スポーツ型)のトレーニングの色彩が強くなっています。また、運動と栄養の両面から健康増進を図ることが要求されております。
もう一つの大きな変化は、スポーツクラブの隆盛です。1964年の東京オリンピックの選手は、学校教育での運動クラブが中心となっていました。2020年の東京オリンピックでは、それに加えて、企業や地域のスポーツクラブの選手が中心となることが予想されます。これと関連して、本学科の学生の就職先は、教員および公務員に加えて、健康産業界、スポーツ産業界、アスリート選手、各種アスリート指導者などに向くようになると予想されます。このようなこともあって、今春、これまで学科として取り組んできた学びを進化させ、アスリート・指導員養成、体育教員養成、公安・公務員養成、スポーツビジネスの4専攻をで理論と知識を学び総合的に人間力を高めます。
これまでスポーツ健康学科の2018年度の就職率は、100%となっています。これは、本学には、国内トップレベルの運動部が多く、全国から優秀な選手が集まることに関係しています。こうした部活動でのスポーツ実践に加えて、ゼミ教員と各運動部の監督との連携による細やかな学生指導を通じて培った、体力、人間性、精神力、人格が、社会で高く評価された結果だと言えます。

Q&A

A.あります。授業の中で実験も行います。また、実習については野外スポーツという選択授業で野外活動とウインタースポーツを行っています。
A.専攻への所属は2年生からとなる予定です。希望すれば、他の専攻の授業を受けることができます。
A.最先端のスポーツ科学を学び、その知識を自身の競技に生かす場所が整っています。雨天でも練習できる室内練習場、フリーウエイト専用プラットフォーム7面が設けられているトレーニングセンター、人工芝化された野球場とサッカー場、各種球技を展開できる第一体育館、国際規格のトランポリン台と国際柔道連盟公認の畳を敷き詰めた柔道場のある第二体育館などがあります。
A.オリンピックに出場経験のある先生などから、スポーツにおける世界の方向性やトップレベルの実技指導を学ぶことができます。また、最先端の知識でスポーツを分析している先生からは、動作解析や身体機能について、きめ細やかに分かりやすい解説を受けられます。
A.本学はスポーツ心理学専門の教員が3人いて、スポーツ心理学の講義だけでも3つあります。大学院へ進学し、さらにその分野の勉強を深めることも可能です。メンタルトレーニング指導士の資格を取得するために頑張っている大学院生もいます。
A.そうではありません。クラブに所属せず、専門知識を深めることに放課後の時間を活用する学生も多数在籍しています。KGフロントランナープログラムの受講や、教員の研究室を訪ねて研究活動に触れることで専門分野への興味を高めることができます。