金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

石川県教育委員会・小学校教諭に内定

北出 椋星〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/福井県立三国高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 学校にはそれぞれ育った環境が異なり、一人一人違った個性や夢を持った子どもたちが集まります。私は恩師に人生を変えていただきました。私も恩師のように、これから出会う子どもたちの秘めた可能性を引き出し、より良い人格形成を行い、明るい未来に導きたいと考え、教員を目指しました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 大学での学びや仲間と一緒に学び続けてきたこと、築き上げてきた経験を踏まえて、私が教員になりたいという思いを率直に伝えたことが教員採用試験に合格したことにつながったと考えています。  

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 私は学力に自信がなく、筆記試験の合格に向けた勉強は特に苦労しました。しかし、同じ目標をもった仲間たちと出会い、励まし合い、助け合い、同じ教室で日々学び続けることができ、乗り越えることができました。「自分にはできない」と思うようなことも、一人で成し遂げようとするのではなく、仲間と一緒に協力し、不安や達成感を共有しながら乗り越えていくことの大切さを学びました。この経験は教員になってからも子どもたちに伝えていきたいです。

金沢学院大学に進学した理由は?

 私は元々、違う大学を目指していましたが、受験に合格することができず、本学に入学しました。しかし、金沢学院大学に入学し、同じ境遇、同じ夢をもった仲間に出会い、その仲間たちと同じ目標に向かって日々学び続ける経験を通して、「どこに入学するか」ではなく、「そこで何を得るのか」が大切であるということに気付くことができました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 教員採用試験の勉強です。それを通して勉強の仕方がわかってきて、学力が身に付きました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 これから一人一人違った個性や夢、可能性を秘めた子どもたちに出会うことが楽しみです。出会う子どもたちの個性・可能性を引き出し、子どもたちが自分の良さに気付き、抱いた夢を実現していく。そんな教師像を叶えられるよう、これまでの経験を生かしながら頑張ります。

高校生の皆さんへ

 教員を目指す方は、これから出会う子どもたちの心動かすことができるような唯一無二の経験、仲間との素敵な出会いなどを大学の活動を通して積み重ねていけると思います。そして、それが教員採用試験合格の鍵になると考えています。頑張ってください!