金沢学院大学

NEWS

内定者の声【民間企業】
管理栄養士(サービス・インフラ/医療)

恵寿けいじゅ総合病院(管理栄養士)に内定

荒井 胡夏〈人間健康学部 健康栄養学科4年/石川県・金沢龍谷高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 病院で働きたいと思ったきかっけは臨地実習でした。患者さんを食事の面から直接サポートできることに魅力を感じ、私も患者さんが抱える病気や体調の問題を改善し、治療の一貫として食生活の見直しをしたいと感じたからです。また、医療現場では常に新しいことを学ぶ力が求められます。管理栄養士として知識を深め、スキルアップしていきたいとも考えました。
 恵寿総合病院の募集は採用情報アプリで見つけました。県内の病院で働きたかったので、石川県の病院で管理栄養士を募集しているところがないかを探し、見つけました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 恵寿総合病院の特徴を調べ、そこにしかない魅力やそこでやりたいことなどをアピールし、熱意が伝わるようにしました。また、予想していなかった質問がきても、焦らず落ち着き、常に笑顔で受け答えすることを意識しました。また、就職支援部では先輩方が残してくれた面接の記録などを見せていただくことができます。当時の面接時間や質問の内容の傾向、面接官の人数などを知ることができ、とても参考になりました。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 就職活動と実習の時期が重なっており、両立するのが大変でした。それに加え管理栄養士の国家試験の勉強もしなければいけないので精神的に辛くなる時もありました。しかし、全てのことが中途半端にならないように、一日一日やらなければいけないことを整理して優先順位を決め、計画的に行動することで乗り越えることができたと思います。また、ゼミの仲間や先生が親身になって相談に乗ってくれたり、息抜きに一緒に話をしてくれたりしてくれたことで辛いことも乗り越えることができました。時には周囲の人たちに頼ることも大切だということを改めて感じました。
 これから就職活動をする皆さん、多くのことを両立させるためには、やらなければいけないことを整理し、優先順位を決め、計画的に行動することが大切です。一人で抱え込むのではなく、周囲の人たちにも頼ることも大事です。

 
金沢学院大学に進学した理由は?

  地元である石川県の大学に進みたいと思っており、また、管理栄養士になりたいと考えていたため、石川県で唯一管理栄養士の養成課程があった金沢学院大学を志望しました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 調理の技術を磨くことや献立のレパートリーを増やすことです。家でもなるべく料理をするようにしたりSNSでさまざまなレシピを見たりすることを心がけていました。今では大学に入学した頃よりも調理の技術も上がり献立のレパートリーも増えたと思います。
 また、ボランティア活動も思い出に残っています。活動には積極的に参加するようにしていましたが、多くの貴重な体験をさせていただきました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 患者さんの病気や体調を少しでも改善するために、治療の一貫として食事の面から直接患者さんをサポートできることが楽しみです。患者さんや職場の方など、誰からも信頼される管理栄養士を目指します。
 また、食事や健康に関するパワーポイントやリーフレットなどを大学でたくさん作ってきたので、この学んだことを栄養指導などに生かしたいです。
 

高校生の皆さんへ

 勉強の面でも就職活動の面でも先生方が常にサポートしてくださいます。また、何をするにしても環境が整っているので安心して大学生活を送ることができると思います。大学では就職活動や勉強が大変で、辛い苦しいと感じる時が必ずあると思いますが、先生や友達、就職支援部の方など支えてくれる人はたくさんいますので、きっと乗り越えられると思います。