金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

新潟県教育委員会・小学校教諭に内定

稲原 健太〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/富山県立水橋高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 教員を目指した理由は中学3年生の時の恩師がきっかけです。当時の自分は高校受験を控えていて不安な状態でしたが、当時の担任に相談に乗っていただいたおかげで自信を持って受験することができました。その出来事がきっかけで教員の魅力に気付き、自分は子どもが好きであるため小学校の教員を目指しました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自分が子どもが好きであることを教育実習のエピソードと共に伝えました。そして教員になった際は子どもとたくさん遊んで信頼関係を築いていきたいと伝えました。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 教採対策の筆記試験の勉強や面接はとても苦労しました。しかし、同じ試験を受ける仲間と共に日々の勉強を頑張ったり、実習の時に接した子どもたちやお世話になった先生方などの周りからの応援があったことで乗り越えることができました。また、教職センターにはさまざまな自治体の過去問が置いてあり、自分が受ける自治体の傾向を知るために参考書などを借りることも可能です。
 一人で乗り越えることは難しいけれど、周りからの協力を得ることで夢を実現することが可能だと学ぶことができました。

金沢学院大学に進学した理由は?

 ICT教育や英語教育など今後の小学校教員に必要な知識を得ながら教員を目指せるところが決めた理由です。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 教員採用試験の勉強に力を注ぎました。それを通して本当に努力することで夢の実現につながることを学びました。また、私は考古学研究会に属していました。授業ではなかなか出会うことのない他学科の人と仲良くなったことが思い出に残りました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 教育実習で学んだことを活用して授業をしたり、子どもと遊んだりなど共に時間を過ごすことが楽しみです。

高校生の皆さんへ

 金沢学院大学の教育学部は先生と学生との仲が良く、今後の教員に必要なことをたくさん学ぶことができます。また、中学や高校の免許も取得したいと考えてる人は教職大学院との連携もされているため、大学院進学も視野に入れることができ、学びの幅も広がります。受験頑張ってください!