金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

新潟県教育委員会・小学校教諭に内定

木村 風太〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/新潟県・北越高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 高校2年生の担任との出会いがきっかけで、わかる・できる授業の面白さに気付き、何よりも学ぶこと自体が楽しいと思えるようになりました。私も教師になって面白い授業を行い、学ぶことの楽しさを子どもたちに伝えたいと思い、地元での採用試験合格を目指しました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 「子どもたちのために!!」という強い気持ちを前面に出せたことが大きなポイントだと思います。教育実習時の子どもたちとの思い出を振り返りながら、自分の思いを具体的に面接官に伝えることができました。また、目標をしっかりと持つことも大切です。来年採用試験を受ける皆さん、小学校の先生になっている自分を想像することも良いと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 勉強時間の確保に苦労しました。部活後、勉強しようと思っていても思ったようにできないことが多々ありました。講義の空き時間や起床後など隙間時間を見つけて取り組むようにしました。
 教員採用試験に向けた勉強や対策は、個人戦ではなく、団体戦です。一人で戦っていると心が折れる時が来ると思います。私は同じゼミの人、自分と同じ自治体で試験を受ける人と励まし合いながら自分の目標に向かうことができました。誰かに支えてもらっていることに改めて気付ける良い機会になりました。

金沢学院大学に進学した理由は?

 元々、金沢学院大学を目指したのは大学でもラグビーを続けたいと思ったことがきっかけでした。北陸から「全国大学ラグビーフットボール選手権大会」を目指せるのが本学であり、さらに教職課程などにも強いと知り、ラグビー部の野村倫成監督の熱いお誘いもいただき、進学を決めました。
 入学後感じたのは、自分の目標を実現できる環境が整っているということです。先生方の厚い支援や、授業、就職支援なども充実しており自分の目標に向かって全力で取り組むことができます。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 学生生活で最も力を入れたことは、やはり部活動です。選手としてだけではなく、人間的にも大きく成長できたと実感しています。

仕事への抱負を聞かせてください。

 子ども達の学びに尽力することはもちろんのこと、私自身も少しでも成長していきたいと考えています。子ども達と出会えることを楽しみにしています。

高校生の皆さんへ

 自分の叶えたいを叶うにしてくれる大学だと思っています。北陸の地で活躍の場を広げられる、自分の可能性を見つけられるのが本学だと思います。