金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

川崎市教育委員会・小学校教諭に内定

向野 柊佑〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/石川県立野々市明倫高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 教員という職業に小さい頃から漠然と憧れを抱いていましたが、高校生のときに恩師と呼べる先生との出会いがあり、目指したい職業になりました。今の自分がいるのは恩師のおかげと言えるほどで、たくさん支えていただき、同じように人のために頑張りたいと思っています。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 先行き不透明なこれからを生き抜く力が求められる社会を「自分らしく」生きることを目指す教育方針に強く共感し、どうしても川崎市で働きたい、子どもたちのために頑張りたいということを一生懸命伝えました。自分の強みをアピールできるエピソードは必ず持っておくといいと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 教員採用試験は、4年生の夏頃までという長期勝負になり、地味に辛く、毎日不安を抱えながら勉強したり面接練習をしていました。教育実習で子どもたちの素直さに触れ、やはり教員になりたいという気持ちがあったため乗り越えることができました。
   教員を目指すのであれば、「絶対になる!」という強い気持ちで頑張らないと乗り越えられないと思います。受験後に後悔しないようにたくさん勉強して、自信を持った状態で受験できると良いです。
 また、1人だけでは確実に就職活動は難しいです。就職支援部や教職センターは適切なタイミングで活用することができると良いと思います。自身のことは自身にしか分かりません。疑問や不安などでつまづくことがあっても、支援を求めることはできます。

金沢学院大学に進学した理由は?

 小学校の教員になれる大学が金沢学院大学だったからです。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 さまざまな人と関わることです。大学は全国から学生が集まります。たくさんの出会いの中で、自分とは違う考え方に触れられたため、多くの刺激を受けました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 たくさんの子どもたちと毎日成長していきたいです。楽しいだけでなく、苦労することもあると思いますが、1年後を想像し、どんな子どもたちになってほしいかを考えながら日々接していきたいです。

高校生の皆さんへ

 大学はただ講義を聞いて学ぶだけでなく、自ら考え行動して学びを深めることができます。学びたいことがあるのであればひたむきに勉強して欲しいと思います。4年間は長いようで本当にあっという間ですので、毎日を大切に過ごしてほしいです。