金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

石川県教育委員会・小学校教諭に内定

高島 美羽〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/石川県立金沢錦丘高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 私が教員を目指そうと思ったきっかけは、小学6年生の時です。担任の先生が児童の良いところをよくめていて、みんなが支え合うことで自身の行動が成り立っていることに気付きました。この経験から、自分と周りを思いやれる教育がしたいと強く感じ、教師になろうと思いました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自然体験活動のボランティアを通して子どもたちが能動的に学習するには、どのような関わりを行っていくと良いのか学ぶことができ、この経験を面接の際に生かすことができたことだと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 卒業研究や授業がある中で、教員採用試験の記述試験や面接の対策などを両立することは大変でしたが、先生方のサポートもあり、練習を重ね本番に挑むことができました。

金沢学院大学に進学した理由は?

 金沢学院大学は自宅から通える近さにあったことと、小学校教員免許だけでなく、複数の免許や資格を取得することができることです。特に中学英語の免許も取れることから小学校の「外国語」の教科化にも適応した教員になれると思い志望しました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 大学の講義やテストにはもちろんのこと、課外のさまざまなボランティア活動に参加してみました。ボランティア活動では施設の職員や子どもだけでなく、その親との関わり方についても学ぶことができました。
 ボランティア活動は実習や現場に出た時に役に立つ経験となり自身の成長につながったと思います。
 余談ですが、大学生活では食堂でのランチも楽しみでした。高校生の皆さんはオープンキャンパスでチャンスがあればぜひ行って味わってきてくださいね。

仕事への抱負を聞かせてください。

 子どもたちと関わることができる喜びが今からわいています。子どもたちが自分の良さに気づき、興味、関心をより一層深められる教育を行うという教師像を叶えられるよう頑張りたいです。また、共に学び成長し続けられる教師でもありたいと思います。

高校生の皆さんへ

 教育学部では、力のある先生方が手厚くサポートしてくださったり、小学校教採の加点になる中学英語科の免許が取れたりします。夢に向かって頑張ってください。