教員紹介

金沢学院大学

金沢学院大学 教授

文学部文学科日本文学専攻

秋山あきやま みのる

私が今、考えること

文学は、言葉による芸術です。人々の喜びや怒り、哀しみ、楽しみ、感動を言葉で表現したものです。感受性と想像力、表現力豊かなすぐれた作家の作品が生まれた時代、場所に帰って、精読すると、メッセージが見えてきます。はじめは気づかなかった深い意味が、伝わってくるのです。文学を研究する愉しみが、そこにあります。

受験生
学生へ一言

中学校卒業前日、担任の先生からプレゼントされたアンドレ・ジイド作『狭き門』。これが、人生を決めました。心のわだかまりに、電撃が奔ったのです。高校時代には、いかに生きるべきか。ヘルマン・ヘッセから学びました。自分で納得できる人生の階段を上って行こう、と。大学時代、ライフワークとなった作家泉鏡花(金沢出身)と出会いました。大学院では、懐ろの大きな先生に出会いました。学生を深く思い、導く素晴らしい先生です。先生と同じことを学生にすることで恩返ししようと決意しました。出会いこそ、人生です

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等