教員紹介

金沢学院大学

金沢学院大学 講師

芸術学部芸術学科

村谷むらたに 聡志そうし

私が今、考えること

美術を学ぶことの面白さは、まだ知らなかった自分に出会えることです。私は現在漆芸という分野で乾漆技法を中心とした作品制作を行っています。粘土造形や、エスキースの段階で無心に手を動かしている時には全く気付かなかったことが、後で見返すと「あれ?実はこんなことに興味があったのか」「あー言いたかったことはこれか」という具合に、初めて気づかされることが多々あります。その発見の繰り返しが作品制作であり、芸術表現であると考えています。

受験生
学生へ一言

皆さんが芸術の分野に興味を抱いたきっかけは何でしょう?「美術館で、ある作品に衝撃を受けた」人もいれば、「何気ない日常に転がっている風景になぜか魅了された」といった方もいるでしょう。この分野ではとにかく「興味がある」ということがとっても重要です。その「興味」が皆さんの学びの原動力になっていきます。面白そう!やってみたい!ワクワクする!感覚をぜひ大切にしてください。皆さんの「興味」を満たす学びがきっとここにあるはずです。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等