歴史学専攻 バナー

 「本物」に触れられる環境で、
知識と技術を実践的に学ぶ。

 ■「金沢」で学ぶ歴史学

北信越の私立大学として唯一、歴史学を専門的に学べる歴史学専攻では、日本史、外国史、考古学、保存科学の幅広い分野を学ぶことができます。歴史資料が多く残る金沢、さらにはキャンパス内に遺跡があるという恵まれた環境も生かし、古文書や遺物など「本物」の史資料を用いた実習重視の学習を行います。歴史学の研究に必要な知識と技術を実践的に学んでいくため、特に教員や学芸員など歴史分野の職業においては即戦力として活躍できる力を身に付けることができます。

■歴史学の4分野から専門を選んで学ぶ

古代から近代までの日本史に関する広く深い理解力を養う「日本史」分野、主に西洋史の文献・史料などの研究を通して外国の歴史と文化に対する多角的な理解力を養う「外国史」分野、大学構内の発掘調査で考古学研究の基本を実践的に学ぶ「考古学」分野、最新科学による歴史資料の分析・保存の実践的な方法と技術を学ぶ「保存科学」分野を学ぶことができます。1年次は各分野の基礎を網羅的に学び、2年次以降は選択した専門分野について深く探究し、3年次のプレ卒業研究、4年次の卒業研究へと進んでいきます。

「日本史」を学ぶ 「先人の足跡を訪ねて ~伝統を知り、創造へつなげる~」

主に日本史の文献・史料などの研究を通して、アジアとの関わりや地域の視点も交え、古代から近代までの日本史に関する広く深い理解力を養います。

「外国史」を学ぶ 「歴史の視野を広げる ~世界を知り、世界に触れる~」

主に西洋史の文献・史料などの研究を通して、世界に向けた視野で歴史を考える方法を学び、外国の歴史と文化に対する多角的な理解力を養います。

「考古学」を学ぶ 「忘れられた過去への挑戦 ~地下に眠る歴史学~」

大学構内の発掘調査で、考古学研究の基本を実践的に学びます。遺跡や遺物から地域の歴史を考察し、講義や演習を通して環日本海世界とのつながりを学びます。

「保存科学」を学ぶ 「過去から未来へ ~歴史資料の保存と活用~」

最新科学による歴史資料の分析・保存方法を学び、未来への「継承」と現在における「活用」を考えるための実践的な力を養います。

■教員や学芸員、多彩な職種への就職が可能

歴史学専攻では、中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状(地理歴史)、学芸員、考古調査士、司書などの資格・免許の取得が可能で、歴史に関する知識と技能を活かせる職業を目指すことができます。また史資料を解釈して歴史像を構築する学びは、歴史に関する教養とともに実社会で必要とされる分析力・思考力・課題解決力を養うことにつながり、例年多くの学生が公務員をはじめとして、さまざまな企業・団体への就職を成し遂げています。

■取得可能な資格

中学校教諭一種免許状(社会)  高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
学芸員  司書  考古調査士

日本文学専攻 / 英米文学専攻 / 歴史学専攻 / 心理学専攻