大学院経営情報学研究科

文部科学省
「職業実践力育成プログラム」に認定

BPロゴ

金沢学院大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻は、平成27年12月15日に、文部科学省の平成27年度「職業実践力育成プログラム」(BP)に採択されました。

■職業実践力育成プログラム(BP)とは

この制度は、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として,大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。

文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)認定制度について」

■認定プログラムについて

課  程 修士
課 程 名 経営情報学研究科経営情報学専攻 税理士・税法コース
期  間 2年
職業分野 税理士、経理・財務担当者
修得資格 修士(経営情報学)
社会人の受講しやすい工夫 長期履修
概  要

本コースは、経営情報に関する専門的知識の上に租税法学又は会計学の研究を行い、修士論文作成により税理士試験一部免除を受けることができるよう指導し、税制、会計制度を含め近年の税理士を取り巻く環境の変化に即した判例研究、事例研究等に基づいた実践的専門家の養成を目指すコースです。
平成27年度「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣から認定されました。北陸税理士会との連携のもと、税務や財務・会計に関する高度な知識を修得するとともに、授業を通して、課題発見・解決能力、論理的思考力、プレゼンテーション能力などを身につけることができる教育課程を編成しており、学部卒業生だけでなく、税務や財務・会計に携わる社会人の方や税理士資格取得を目指す方などを対象に、高度で専門的な学びを提供します。
また、社会人の方が学びやすいよう、夜間は金沢市中心部のサテライト教室にて授業を行っており、最長4年間のフレックス履修生の受け入れも行っています。

<プログラムのイメージ>

BP_image

認定を受けたプログラムは、概要と申請様式1・2を公表することになっております。