金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(中学・高校教諭(国語))

東京都教育委員会・中学・高校教諭(国語)に内定

鳶坂 明日香〈文学部文学科 日本文学専攻 4年/福井県・啓新高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 中学生の頃から教員になりたいと思っていました。また、子どもたちに、国語をもっと好きになってもらいたいと思い、国語教諭を目指すようになりました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 教育に対する知識や熱意を試験や面接で伝えることができました。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 面接練習です。思ったようにできなくて泣いた時もありましたが、教職の先生方と何度も練習したことで乗り越えることができ、内定につながったと思います。私は苦手意識があるものを後回しにしてしまいがちでしたが、目の前の課題を少しずつ解決していくことで、良い結果につなげることができ、「逃げないこと」の大切さを学びました。
 金沢学院大学は、先生方だけでなく、先輩方、友達も優しく親身になってくれる方が多い大学です。受講した教職対策講座でも、気軽に先生方や先輩方にわからない問題を質問したり、悩みなどを話したりできる雰囲気がありました。また、就職支援部では就活で必要になってくる検定などの情報もたくさん入ってきて、とても良かったです。

金沢学院大学に進学した理由は?

 北陸の私立大学で唯一国語科の教員免許が取れるというところです。入学後は勉強だけでなく、友達と学食を食べたり、好きなことを話せたり、楽しい4年間を過ごすことができました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 部活動です。ソフトテニス部に所属し、女子のキャプテンも務めました。ソフトテニス部は先輩・後輩や男子・女子に関係なく、楽しく練習に取り組んだり、大会に参加したりでき、活動を通して判断力やコミュニケーション力が豊かになったと感じます。(写真:2021年10月の大会の様子)

仕事への抱負を聞かせてください。

 子どもたちに楽しく、わかりやすい授業を行い、「わかった」「おもしろい」と思ってもらえるようにすることです。

高校生の皆さんへ

 自分の目標を達成できる大学だと思います。また、勉強、部活動など楽しいことばかりなので、充実した大学生活を送れると思います。私は、指定校推薦で大学に進学したので、試験勉強だけでなく、面接練習にも力を入れていました。受験や目標に向かって頑張ってください!