金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

長野県教育委員会・小学校教諭に内定

下平 龍哉〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/長野・東海大学付属諏訪高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 私が小学生だった時の先生との出会いがきっかけです。クラスの子ども一人一人に真剣に向き合う姿勢に憧れて「小学校教師」を目指しました。また、私は、長野県で色々な方に支援してもらいここまで成長することができました。なので、長野県で育つ子どもたちの成長の手助けを少しでもできたらいいなと思い、長野県で小学校教師になろうと思いました。これから、地元の小学校教師ができることがとてもうれしいです。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自分が長野県で教師をしたい理由、どんなクラスにしたいか、長野県でなければならない理由など、長野県の小学校教諭として自分は何をしたいのかを面接の中で話せたからだと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 就活で苦労したことは、面接です。私は面接の時に緊張すると言いたいことが分からなくなってしまい、克服するために大学の先生方のアドバイスや友人と一緒に模擬授業や面接の対策をしていきました。おかげで苦手な面接を乗り越えることができました。
 また、就職活動では、友人との協力は大切であることを改めて学ぶことができました。筆記の勉強も一人でするとどうしても怠けてしまいますが、友人とすることで、教員採用の対策に本腰が入りました。また、模擬授業・面接の対策においても、友人と一緒に行うことで自分にはなかった考えを見つけることもありました。

金沢学院大学に進学した理由は?

 小学校免許に加え、中学校英語の免許とICTについて学べることに魅力を感じました。小学校でも外国語という形で英語が必修科目になりましたし、一人一台端末という形でICTも今の小学校では必ず必要になると考え、本学への進学を決めました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 普段の授業に力を注ぎました。授業で学んだことを教育実習などで生かすことができたと考えています。また、2年次まではバスケ部に所属し、高校で満足にできなかったバスケに取り組めたことは一番の思い出です。

仕事への抱負を聞かせてください。

 最初は苦労することがたくさんあると思います。しかし、そこでくじけずに自分なりに憧れの恩師を目標にかんばりたいと思います。

高校生の皆さんへ

 本学では、たくさんの先生と関わることができ、たくさんのことを学ぶことができます。自分の満足いく結果になるように頑張ってください