金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

石川県教育委員会・小学校教諭に内定

佐近 璃子〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/石川県立七尾高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 高校時、進路に悩んでいた時に親身になって聞いてくださった恩師に影響を受けて教師という道を選びました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 私は自分の成長を感じる瞬間をとてもうれしいと思います。ですので、子どもの成長を支えながら、自分も共に成長していける教師になりたいとPRしました。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 私は面接に一番苦労しました。練習でさえ緊張して言いたいことが言えなくなってしまったり、頭が真っ白になってしまったりしました。しかし、先生や友だちにと何回も練習し、ときには励まし合って、言いたいことを言えるようになってきました。本番では落ち着いて笑顔で面接官と話すことができました。また、自分の強みが何かを考えた時には、自分の魅力を先生や友だちに教えてもらうようにしました。他人から見た自分の姿に気付いて、これを強みに変えれば良いとを学びました。先生や友だちと支え合いながら辛い時を乗り越えていきましょう。
 また、大学の廊下に掲示されている内定者や卒業生の進路やそのエピソードを見て、今後のモチベーションになるなと感じていましたが、これから就活される方にも参考になるかもしれません。

金沢学院大学に進学した理由は?

 本当は国立を目指していたのですが、受験で落ちてしまったため滑り止めで受けたこの大学に決めました。第一志望ではありませんでしたが、本学の先生たちは親身になって私たちの話を聞いてくださったり的確なアドバイスをしてくれたりして、教師になる目標を叶えることができました。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 良い成績を残すことに力を注ぎました。テストやレポートなどの提出物をどれだけ良いものに仕上げられるかを考え、自分で調べたり、焦ることのないように提出日までの計画を立てたりするなどの努力をしました。
 また、学業以外では、金沢の民話を元に仲間と共に劇を作ったことが思い出に残っています。

仕事への抱負を聞かせてください。

 これから自分が赴任する小学校、そして担任を務めるクラスの子どもたちに会うのが楽しみです。

高校生の皆さんへ

 本学にはたくさんの学部学科があります。そして、先生たちもとても優しく私たちのことをサポートしてくれます。本学で学んで楽しい大学生活を送りましょう。