金沢学院大学

NEWS

内定者の声【公務員】
(保育士)

杉並区(保育士)

水村 優里〈文学部 教育学科 幼稚園教諭・保育士専攻4年/新潟県立新発田南高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 子どもが好き!子どもと関わる仕事がしたい!という思いがあり、中学生の頃から保育士を目指していました。就職するにあたり、以前から東京に行きたいという思いがあったため、関東で就職先を探し、その中で、杉並区を見つけ、緑豊かなところ、子育て事業に力を入れているところに魅力を感じ志望しました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自信と笑顔だと思います。面接では、笑顔を忘れず、保育士として杉並区に貢献したいという強い思いをアピールしました。
 また、まずは、日々の授業をしっかりと受けることが大切だと考えています。就活で筆記試験の勉強をする際にとても役に立ちました。就活は大変ですが、それ以上に合格した時の達成感や喜びがあります!

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 私が志望していた自治体を受験した先輩や知り合いがいなかったため、試験に関する情報がゼロの状態で臨まなければならなかったことが大変でした。どうしたらいいのか悩むこともたくさんありましたが、試験に向けて入念に準備を行い、自信を持てるようにすること、家族、先生方の励ましや協力のおかげで乗り越えられました。
 面接練習では、上手く話せなかったり、志望動機がまとまらなかったりと困難な場面が何度もありました。何度も辞めたいと思いましたが、最後まで取り組んだことで合格することができ、達成感を得ることができました。また、就職活動において、練習に付き合ってくれたり、励まし合ったりと、友達の存在はとても大きかったです。

金沢学院大学に進学した理由は?

 私は国公立大学を志望していましたが、受験が上手くいかず、当時の担任の先生に本学を勧めていただき受験しました。
 教育学科は私が入学した当初は、まだ卒業生もいないできたばかりの学科だったので情報も少なく不安もありましたが、保育に関することから小学校のことまでしっかり学ぶことができました。本学で学んだことで、幼小連携に強くなった点は良かったと思います。また、ボランティア活動や軽音楽部での活動を通して、先輩や後輩との関わりも生まれ充実した学生生活でした。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 勉学と軽音部の活動です。勉学面では、日々の学習をしっかりと受けることを意識して過ごしました。その結果、専門的な知識を身につけることができ、実習や就活に活かすことができました。軽音楽部では、人との関わりや目標に向かって努力するという点で、自分自身を成長させられたと感じています。勉学と両立し、音楽にも熱中できたことはとても思い出になりました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 新しい環境で、保育士として働けることがとても楽しみです。大学での学びを生かし、常に子どもを第一に考え、行動できる保育士を目指して頑張りたいと思います。

高校生の皆さんへ

 大変だと思いますが、頑張ってください!