金沢学院大学

NEWS

内定者の声【公務員】
(保育士)

南砺市(保育士)

磯邉 静奈〈文学部 教育学科 幼稚園教諭・保育士専攻4年/富山県立南砺福野高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 私は弟の世話をすることが好きだったという理由から、子どもの成長を支えられる保育士という職に魅力を感じるようになりました。また、私自身が双子であったということもあり、子育てに苦労した家族の話をよく聞いていました。そうしたことから、子どもと保護者の気持ちに寄り添った保育や子育て支援を通して、子どもの心身の成長を支え、家族の絆を深められるような保育士になりたいです。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自分の「保育士らしさ」をアピールするように意識しました。実際に子どもと関わっている時のような笑顔で、面接や実技試験に取り組みました。
 対策としては教育学科の先生方や教職センターの方々に面接練習や実技指導をしていただきました。保育の現場で働いていらっしゃった先生の助言や、サポートはとても心強かったです!

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 就活中はとにかく不安と焦りを感じる事が多く辛かったです。しかし、努力することは大切だと学びました。公務員の職員採用試験の多くは一次試験で筆記試験、二次試験で面接や実技試験があります。私は二次試験の前に心が折れそうなことが何度もありました(笑)。そんな時に一次試験のために勉強してきたノートや参考書を振り返り見てみると、「自分はこんなに頑張ってきたんだ!」と過去の自分の努力が励みになりました。ただ、頑張ることは大切ですが、たまには息抜きをして、試験や面接に向けて心身ともにコンディションを調整することも大事です。

金沢学院大学に進学した理由は?

 金沢学院大学の教育学科は、幼稚園教諭、保育士、小学校教員になるための専門的な知識を広く学ぶことができるため、進学を決めました。実際に2年時にコース選択ができるため、教職に興味があるけれど、まだ具体的にイメージを持つことができないという学生さんにもおすすめだと思います。また、同じ夢や目標に向かって、切磋琢磨し合える仲間ができます!

最も力を注いだことは何でしょうか?

 日々の学習や実習に力を入れてきました。実習では実際に子どもと関わる中で、教科書では分からない子どもの実態を把握することができました。目の前にいる子どもにとって最善の保育を行うためには、日々の学習を基礎にした柔軟な対応力が求められると実感しました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 さまざまな人との出会いを大事にしていきたいと思います。子どもたち、保護者の方々、地域の方々と一緒に楽しく活動し、自分自身の成長も感じられるような日々を送れるように、これからも勉学や自身の専門性の向上に努めたいです。

高校生の皆さんへ

 私は高校1、2年生の時に自分の将来の姿が浮かばず、進学のイメージもできていませんでした。同じように受験勉強や将来について不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。まだ、1、2年生の人も、遠い先の話だとは思わず自分は何が好きなのか、どんな職に興味があるのかを明らかにしておくと、受験対策にも力を入れられると思います。受験の先には楽しい大学生活が待っています!そして、お互いに「なりたい自分」に近づけるように頑張りましょうね!