金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(中学・高校教諭(国語))

石川県教育委員会・中学・高校教諭(国語)に内定

遠田 瑞歩〈文学部文学科 日本文学専攻 4年/石川県立小松高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 小学生の頃から漠然と教員になりたいと思っていました。中学や高校を経て、国語の楽しさや面白さに気付き、高校で進路を決める時に国語の教員になりたいと考えました。大好きな国語という教科の魅力を子どもたちに伝えていきたいです。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 これからの未来を担う子どもたちのために、教育を行っていこうとする熱意を伝えられたのではと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 私は筆記の勉強に苦労しました。努力がすぐに点数に現れるわけではないこともあり、とても辛く感じていました。しかし、支えてくれる先生方や、共に切磋琢磨していける仲間のおかげで切り抜けることができました。教員もですが、就職活動は絶対に諦めないことが大切です。仲間と支え合って、高め合っていけばきっとなりたい職業になれると思います。また、就職活動を通してスケジュール管理の大切さを感じました。先を見通して、行動できる力は必要です。

金沢学院大学に進学した理由は?

 国語の教員免許が取れる、北陸唯一の私立大学だったからです。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 普段の授業やボランティア活動に力を入れました。勉強面では友人と授業の内容や理解を共有することを大切にし、扱われたテーマなどについて議論したり、気軽に話し合ったりしていました。その積み重ねで理解が深まり、高め合うことができ、とても充実していました。また、ボランティアでは自然の家でのボランティアと中学校での教員の方を手伝うボランティアを行っていました。活動は楽しいだけではなく、子どもたちと触れ合ったり、学校現場に入ったりと、教員を目指すにあたり学ぶことも多くありました。

仕事への抱負を聞かせてください。

 たくさんの生徒と関わっていけることや、大好きな国語を研究したり、教えたりできることが楽しみです。

高校生の皆さんへ

 夢に向かう人をとても親身に応援してくれる大学です。自分で決めた事は最後まで諦めず、成し遂げる努力が出来るようになってください!大学がゴールだと考えずに、自分の夢に向かって頑張ってください。