金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

特任教授
芸術学部 芸術学科

末松 智

SATOSHI SUEMATSU
専門分野:
復元図学
私が今、考えること

 半世紀以上絵筆をとってきましたが、自分の画風を一言で表すなら「失敗の繰り返し」。なかなか正確な筆致で決めることが出来ないので、何度も修正しているうちそれが画風になっているようです。そもそも物事を完璧に行おうと思うことに無理があるのかもしれません。今は手段を選ばず、結果が良ければそれで良し、と思うようにしています。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

 私は本学の教員であるとともに歴史考証復元画家でもあります。今まで金沢城などの復元画を描いてきましたが、これは遺跡や城郭、亡き人をありし日の姿で再現することです。そのためには単に正確に描写するだけではなく、歴史的な調査や図学的技法、文献資料の解読や建築学的考察、さらに解剖学的な知識などさまざまな要素が必要になってきます。本学ではデッサンや図学、美術史など広範にわたる科目を担当していますが、その講義の中でもこの手法や背景を紹介していきたいと思います。一緒に新しい世界を創り上げて行きましょう!

学歴
  • 金沢美術工芸大学
  • ウィーン美術大学大学院
学位
  • 学士(芸術) 
  • Magister artium (芸術修士) 
専門分野
  • 復元図学
担当科目
  • デッサン
  • 絵画実習
  • 図学
  • ドイツ語Ⅰ・Ⅱ
  • 美術文化交流史
  • 西洋美術史
  • 西洋美術特論
  • CG活用演習
  • 西洋美術史特論Ⅰ・Ⅱ(大学院)
所属学会
  • 日本メディカルイラストレーション学会
  • 日本建築学会
私のおすすめの本
  • 『後世への最大遺物』 内村鑑三著
  • 『フロイス日本史』 ルイス・フロイス著
  • 『創世の守護神』 グラハム・ハンコック著
主な研究業績
  • 論文:「A visual analysis of diamond-shaped turret located in the secondary enclosure of Kanazawa Castle」  「金沢城二の丸の菱櫓に関する視覚的解析」 (日本設計工学会 第1回設計工学に関する国際会議)
  • 作品(歴史考証復元画・油彩画):金沢城二之丸御殿式台、金沢城鼠多門、金沢城丑寅櫓、 金沢城色紙短冊積石垣、金沢城辰巳櫓、藩祖前田利家肖像、藩祖正室芳春院肖像、三代利常聖母寿福院肖像
現在の主な研究
  • 古代遺跡や人物の歴史的考証とその復元画制作
主な社会活動
  • 日蓮宗本山妙成寺の奉納画「寿福院」制作 (2021年)