金沢学院大学

NEWS

内定者の声【教員】
(小学校教諭)

新潟県教育委員会・小学校教諭に内定

西田 航輝〈文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻4年/石川県立小松明峰高校出身〉

この内定先を目指した理由を教えてください。

 自分が小学校6年生の時の担任が時に厳しく、時に優しくと児童理解を踏まえた指導に定評のある先生だった。そんな先生の姿に憧れを抱き、自分も「こんな先生になりたい」と思い、小学校教諭を目指しました。

内定をいただけたポイントはどこにあると思いますか?

 自分が小学校教諭として何かできるのか、自分にはこんな長所があり、それが小学校教諭としてどう生きるのか、自分ならどんな指導を行い、どんなクラスを作っていきたいのかなど、小学校教諭への強い思いをPRし、それが伝わったのではないかと思います。

就職活動で苦労した点は何でしょうか?

 面接練習が特に苦労しました。先生や友人からアドバイスをもらいながら、日々改善させていきました。対策や試験勉強を続けるなか、やればやった分だけ自分の力になることを感じながらがんばりました。また、試験勉強や面接練習は計画的に行うことも大事です。授業の空きコマなど少ない時間でもしっかりと勉強して、それを何日も継続して行うようにしていました。

金沢学院大学に進学した理由は?

 金沢学院大学では、教育系の学部・学科があり、専門的な知識を学ぶだけでなく、実践的な内容や体験型学習を取り入れていることに魅力を感じ、進学を決めました。
 入学したタイミングはちょうどコロナがはやり出した時期でもあり、最初は不便な大学生活を送ることになりました。しかし、そんな中でも先生方は学生たちに少しでもいつも通りの学校生活を送れるようにと尽力してくださり、オンラインでの授業や、出席番号を偶数・奇数に分かれての対面授業など、初めてのことでとても印象に残っています。

最も力を注いだことは何でしょうか?

 人と交流することは特に意識していました。コロナもあってなかなか人と会えない時期もあったので、限られた時間で、授業中やそれ以外でも人と話をするように心掛けました。その結果、コミュニケーション力が身に付いたなと感じています。

仕事への抱負を聞かせてください。

 実際に子どもたちと一緒に触れ合い、いろんな活動を子ども達と一緒になって行い、そして、子ども達と一緒に成長できることを楽しみにしています。

高校生の皆さんへ

 金沢学院大学では、授業でグループワークや実践的内容を多く取り入れているので充実した学びが行えると思います。また、図書館や食堂、カフェといった学校設備も充実しているので、ぜひ、本学への進学を検討してみてください。
 受験勉強では、高校が独自に行っている勉強会みたいなのがあれば積極的に参加してみるのもいいと思います。自分は3年になってから塾に通ったり、過去問を解いて自分の苦手教科の克服に向けて頑張ったりしていましたが、勉強会を活用できていたらなと思います。