金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

講師
人間健康学部 スポーツ健康学科

清田 直恵

NAOE KIYOTA
専門分野:
神経生理学
私が今、考えること

「困っている人を支える人になりたい」「研究には、現在だけでなく未来に役立つ可能性がある」私が今の道に進むに至った、きっかけです。超高齢社会への突入に加えて、戦後に生まれた方々が「高齢者」と呼ばれる時代となり、健康のためにスポーツや運動を気軽に楽しむ高齢者が、これからさらに増えることが予想されます。高齢者の方々の健康維持・増進に役立つ研究を続けるとともに、スポーツに親しんできた本学の学生が、そのような人材に育つサポートをしたいと考えます。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

皆さんの多くは、「スポーツに対して真摯に向き合い、努力やチャレンジを続けてきた(いる)方」ではないかと思います。大学生活、ひいてはその後の社会も、同様の姿勢で立ち向かうことで、さまざまな可能性が開けてきます。スポーツ健康学科には、その可能性を拡げる仕掛けがたくさんあります。自分の未来を切り開くため、ぜひ大学4年間を有意義に過ごしてください。

学歴
  • 金沢大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻
  • 金沢大学大学院 医学系研究科
学位 博士(医学)
職歴
  • 大阪保健医療大学保健医療学部リハビリテーション学科(平成21年~26年)
  • 日本医療大学保健医療学部リハビリテーション学科(平成27年~29年)
専門分野 神経生理学
担当科目 生理学、スポーツ医学、トレーニング論、社会福祉学、スポーツ統計学、スポーツトレーナー演習、健康運動演習、海外文献講読、専門演習Ⅰ・Ⅱ
所属学会 日本神経生理学会、日本健康行動科学会、日本生理人類学会、日本理学療法士協会、Society for Neuroscience
私のおすすめの本
  • 『スポーツ科学の教科書』谷本道哉編著 石井直方監修
  • 『日本語の作文技術』本多勝一著
主な研究業績・
作品等
  • Investigation of pro-saccade and finger flexion reaction times in basketball and racket sports players. Health Behav Sci., 17(2):41-46, 2019
  • 高齢者における森歩き運動と水中運動の健康増進効果. Health Behav Sci., 17(2):67-76, 2019
  • Developmental changes in shortening of pro-saccade reaction time while maintaining neck flexion position. J Physiol Anthropol., 37(1):2, 2018
  • Timings of attentional switching to perturbation and postural preparation during transient forward or backward floor translation. J Physiol Anthropol., 37(1):1, 2018
  • Activation timing of postural muscles of lower legs and prediction of postural disturbance during bilateral arm flexion in older adults. J Physiol Anthropol., 36(1):44, 2017
  • Postural control and contingent negative variation during transient floor translation while standing with the ankle fixed. J Physiol Anthropol., 36:7, 2016
  • Postural control during transient floor translation while standing with the leg and trunk fixed. Neurosci Lett., 594:93-98, 2015
  • Effects of finger reaction task on event-related potentials with postural disturbance using transient backward translation. Health Behav Sci., 12, 66-72, 2013
  • Contingent negative variation and activation of postural preparation before postural perturbation by backward floor translation at different initial standing positions. Neurosci Lett., 490(2):135-139, 2011
  • Effects of anti-saccade training with neck flexion on eye movement performance, presaccadic potentials and prefrontal hemodynamics in the elderly. Euro J Appl Physiol, 110(6):1143-1154, 2010
  • 運動機能解剖学. 第4章「股関節」. 北國新聞社, 2019
現在の主な研究・
制作テーマ等
動的立位保持時の筋活動抑制に関する研究など
主な社会活動

  • 日本健康行動科学会評議員、編集委員会、事務局幹事
  • 日本生理人類学会評議員