新着情報バー(食栄)

金沢食文化魅力発信事業 ”五感にごちそうゼミナール2018”

「金沢の冬の味 かぶら寿し」、「金沢のハレの味 治部煮」の実演実習を本学で開催!

 食物栄養学科と健康栄養学科の学生もボランティアスタッフとして参加しました!

11月10日、17日の2日間、金沢の伝承の味を伝えようと親子料理教室を開催しました。各日ともにまず、食物栄養学科の原田澄子教授と健康栄養学科の佐喜眞未帆助教の「伝承の味クイズ&解説!」で楽しい学びの時間を繰り広げました。
イベントでは、本学の短大食物栄養学科、大学健康栄養学科の学生が子どもたちの調理補助として参加し、子どもたちがスムーズに調理できるようわかりやすく説明しました。

▼五感にごちそうゼミナールのはじまり! ▼クイズ&解説で楽しい学び
ゼミナールはじまり クイズ解説

第1回 11月10日(土)
■「金沢の冬の味 かぶら寿し」 講師:かぶら寿し本舗  加葉田恵子氏

講師の加葉田恵子氏から、かぶら寿しの漬け込み方のアドバイスとコツを教えていただきました。子どもたちは交代で漬け込み体験をした後、実際に自分たちでかぶら寿しを漬け込みました。

▼かぶら寿しのかぶは、青かぶらです! ▼かぶらにブリをきれいにはさみます。
かぶら寿し① かぶら寿し②

第2回 11月17日(土)
■「金沢のハレの味 治部煮」 講師:日本料理銭屋主人 髙木慎一朗氏

目の前で髙木慎一朗氏による治部煮の実演が行われました。子どもたちは実演で見たことを思い出しながら、治部煮づくりに取り組みました。子どもたちは初めての体験に興味津々の様子でした。

▼みんな真剣!興味津々! ▼もう少しで完成
治部煮 完成


2018年度
「管理栄養士国家試験対策講座」
開講のお知らせ
受講生募集中!

平成31年3月に実施される管理栄養士国家試験の対策講座を開講いたします。
国家試験対策のポイントを、教科別にわかりやすく解説する講座です。
是非ご参加いただき、管理栄養士国家試験に合格しましょう!

講座の日程について

1 12月4日(火) 食べ物と健康(食品学)
2 12月7日(金) 基礎栄養学
3 12月11日(火) 応用栄養学
4 12月14日(金) 人体の機能及び疾病の成り立ち(生化学)
5 12月18日(火) 人体の機能及び疾病の成り立ち(解剖生理学)
6 12月21日(金) 応用力問題

開講時間

19:00~21:00

場所

本学 栄養教育実習室(5号館1階)

対象者

管理栄養士を目指す 本学卒業生および本学卒業生以外の栄養士

受講料

本学卒業生5,000円、本学卒業生以外6,000円
受講料は受講初日に集金いたします)

使用教材

「管理栄養士国家試験受験必修過去問題集2019」女子栄養大学管理栄養士国家試験対策委員会/編
※各自で購入し、ご持参ください。

<申込方法>

氏名・住所・電話番号・E-mail・勤務先・卒業年度を明記し、
電話・FAX ・E-mailのいずれかでお申し込みください。

【TEL:076-229-8970 FAX:076-229-8961 E-mail:syokuj@kanazawa-gu.ac.jp

※申込締め切りは、11月30日(金)まで
(締め切りが過ぎた場合でも随時受け付けますが、一度ご連絡くださいますようお願いいたします)


ベトナム「国立栄養研究所」から研修生3名が来学

本学で日本の栄養士制度や栄養士養成について学びました!

研修生は1月22日~2月8日の3週間にわたり、本学の管理栄養士養成課程「健康栄養学科」の教員などから、日本の栄養士制度や日本栄養士会の歴史などを学びました。この研修は1月8日にベトナム国立栄養研究所及び公益財団法人 味の素ファンデーションと締結された国際交流協定に基づき、厚生労働省委託事業(国際医療研修)の受託事業として行われました。

▼研修の様子は下記をクリック!

研修の様子① 研修の様子②
ベトナム1 ベトナム2

参考:北國新聞掲載記事

2018年1月23日 北國新聞朝刊

2018年2月  2日 北國新聞朝刊


親子で楽しむキャンパスコラボ
「豚汁つくろう会」に参加しました。

食物栄養学科の健康栄養学科学生が、調理をサポート

11月19日(日)、2018年4月開設の短大「幼児教育学科」、大学「教育学科」と短大の食物栄養学科、大学の健康栄養学科のコラボで、「豚汁つくろう会」を開催しました。食物栄養学科原田教授の指導のもと、学生8名がアシスタントとして参加し、各調理台で子供の調理をサポート!あっという間に出来上がりました。

「普段は食べない野菜も自分で作ったら食べられました。」というお子さんも多く、完食していました。食材の多くは金沢産を使用し、地産地消。食育も盛り込み、笑顔で、楽しく作って、楽しく食べることが出来ました。

▼調理前のスタッフ紹介。学生たちは少し緊張。 ▼調理開始!何ができるのかな?
子どもセンター① 子どもセンター②
▼調理を手伝う学生 ▼くにゃくにゃするよ…これなんだ?
子どもセンター③ 子どもセンター④
▼包丁を使ってちくわを切ったよ! ▼おむすびも上手にできました!
子どもセンター⑤ 子どもセンター⑥


北陸電力石川支店にて
スチームコンベクションオーブンセミナーを開催!

授業の一環として、1年生がスチームコンベクションオーブンを使った調理実習を実施しました。

2017年12月18、19日の両日に、北陸電力石川支店「キッチンスタジオ匠」にて1年生の調理学実習Ⅱの授業の一環として、スチームコンベクションオーブンのセミナーを開催しました。

スチームコンベクションオーブン(以下、スチコン)は、大量調理に必須とされる加熱機器で、「焼く」「蒸す」「煮る」「炊く」「炒める」などが一台で行える調理機器です。始めにスチコンについての説明を聞き、その後、班に分かれて炊き込みご飯や酢豚、スコーンなど12種類の料理を作りました。普段使用したことがない専門的な機械に戸惑いながらも、操作方法の修得や、調理実習に一所懸命取り組みました。

▼スライドを使ってスチコンの原理について勉強 ▼これがスチコン
DSC_0011 DSC_0028
▼デモンストレーションで炊き込みご飯の仕込み中 ▼からあげは、衣をまぶしてスチコンで加熱
DSC_0015 DSC_0023
▼スチコンに、温度と湿度と時間を入力して、加熱 ▼全員で試食
DSC_0049 DSC_0081