金沢学院大学附属高等学校

女子バレーボール

女子バレーボール

2017年度の県高校総体でベスト4入りを果たし、2019年度は全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー大会)石川県大会決勝に進出するまでにチーム力を上げてきました。卒業生は国立大学への進学や大学バレー界での活躍など、個としての成長も挙げています。選手の主体性を伸ばし、選手個々の「心・技・体」の成長を促し、県大会優勝・全国大会出場を目指し努力しています。

活動場所

体育館

顧問

大野 一朗、武間 祐子、坪野 果奈

女子:3年 11名、2年 9名、1年 8名
計28名

大会実績

【2020年度】
●県高校新人大会 ベスト8
●全日本バレーボール高校選手権石川県大会 ベスト8

【2019年度】
●県バレーボール祭(高校の部) 3位
●県高校総体 3位
●春高バレー県予選 2位

【 2018年度】
●県高校総体 3位
●県選手権 3位
●県高校新人大会 ベスト8