●vol.1

#05

 

小寺 美歌子さん

内定先:DMM GAMES

(DMM.com グループのゲーム事業会社)

美術文化学部(現・芸術学部)メディアデザイン学科
(石川県立羽咋工業高校出身)

小寺美歌子(編集)

 

Q.その内定先に決めた理由

学んできたデザインを仕事として、生かしていくことができると思ったからです。また休日がしっかりあって、残業が少ないことも魅力でした。

 

Q.内定につながったと思うポイントやPR方法

大学では弓道部に所属しており、結果が出るまで粘り強く努力し、全国大会で個人準優勝することができたことをPRし、高く評価されました。また、自分を飾ることなく本音ではきはきと面接担当者と会話しました。

 

Q.就活を振り返って苦労したこと・学んだこと

苦労したことは企業研究です。比較する会社や特徴を見つけたりすることが苦手で、面接でも会社の特徴をうまく伝えることができませんでした。学んだことは、時間に余裕をもってスケジュールを立てることです。履歴書を書き、面接の練習を始めると意外と忙しくなってきます。うまく時間を使うには、例えば提出書類のリストを作って漏れがないようにするなどの工夫が大切だと思います。

 

Q.就職支援部との関わり方や活用方法

繰り返し面接練習をしていただきました。面接室への入退出の仕方から、受け答え、表情、身だしなみなどを一から丁寧に教えてもらい、自信を持って面接に臨むことができました。

 

Q.後輩へのメッセージ・アドバイス

インターネットや説明会だけでは企業を比較しにくいので、志望度が高い会社はOBOG訪問をして、インターネットで得られる以外の情報を手に入れるように努めた方がいいと思います。就活はゴールではないので、10年、20年後の自分はどうなりたいかを考えながら会社を決めた方が良いと思います。

指導教員から一言アイコン

▶芸術学部芸術学科 荒川 昭広 准教授 教員紹介ページはこちらへ


ゼミでは「ものづくり」への意識を高めるために完成作品のプレゼンテーションは欠かさず実施してきました。これによりゼミ内で競い合うようになり、デザインクオリティーの向上やオリジナリティーのある作品へとつながっていきます。小寺さんは「進化」をテーマにポートフォリオを制作しました。大学4年間の成長を「猿から人間への進化」とクロスオーバーさせた独創的な内容です。弓道で培った精神力を生かして社会人として頑張ってください。

●荒川昭広カット