金沢学院大学

NEWS

内定者の声
-石川県教育委員会(小学校教諭)-

教育学科
喜多 晏子 さん
文学部 教育学科 小学校・中学校教諭専攻

※教育学科は2022年度より教育学部に改組

出身高校/石川県立小松明峰高校

内定先 石川県教育委員会
(小学校教諭)





就職
活動
EPISODE


石川県教育委員会(小学校教諭)を目指した理由
 たくさんの人を笑顔にしたくて

小学生の頃から「たくさんの人を笑顔にしたい」という漠然とした夢があり、子どもが好きという思いも重なり、教師を目指そうと思いました。子どもたちの今と未来に笑顔を与えられるのが教師の仕事だと思って頑張りたいと思います。教員になりましたら、子どもたちにとって学校が「楽しい!行きたい!」と思える場所にしていきたいです。そのためにも、一人一人に寄り添い、個性を認め、生かし、輝ける環境づくりに努めていきます。子どもたちの心の拠り所でありたいとも思います。

≪就活エピソード≫
私が最も力を入れたのは面接練習です。暗記することが苦手で、覚えたことを話そうとすると詰まってしまい、上手く話すことができませんでした。そんな時に先生から、暗記するのではなく自分の思いを伝えるようにアドバイスをいただき、自分の教育観などを熟考することに力を入れました。その甲斐あって、本番でも自分の思いを伝えることができました。また、先輩方から話を聞く機会や面接内容をまとめた冊子などが配られ、大変参考になりました。講座の中でグループで面接や模擬授業の練習ができ、先生や友達からアドバイスをもらう機会にも恵まれ、とても心強かったです。

大学
生活
EPISODE

私にとっての金沢学院大学
 先輩や先生が優しく親しみやすい

オープンキャンパスで出会った先輩や先生がとても優しく親しみやすく、ここでなら親身になって相談などを聞いてくれそうと思い進学先に選びました。また、小学校の教員免許だけでなく、中学英語もしくは幼稚園教諭の免許を取得できるカリキュラムがあることにもかれました。大学生活ではたくさんの人と関わることを大切にしていました。1、2年生の時はストリートダンス部に所属しており、学祭や音楽祭などさまざまなイベントに参加して充実した生活を送りました。大きな公演会などでは他大学との交流の機会もあり、交流の幅が広がりました。

≪受験生の皆さんへ≫
金沢学院大学の魅力は何といっても素敵な先生方がたくさんいることだと思います。また、同じ夢に向かって頑張る仲間にもたくさん出会えて、支え合って頑張っていける素敵な場所です!!