キャンパスガイドや募集要項の請求はこちら

★経済情報学科アイコン

情報技術で新時代をけん引

▼現・経営情報学部専用ページ

新着情報

「新時代の情報技術こそが経済発展の鍵」私たちが豊かな生活を続けるためには経済発展が欠かせません。少子高齢化等の社会的な課題が山積する今、持続的に経済を発展させるには私たち一人一人が生産性を向上させなければならず、それにはIoTやAIなどの新たな技術を取り入れることが発展の鍵となります。2020年4月開設の経済情報学科では、新時代の情報技術を応用できる人材を育てます。
「プログラミング能力を養い、IoTやAIを使いこなす」近未来では情報技術がより進展し、私たちの身の回りにあるデータ、企業の活動に関連するデータ、環境のデータなどさまざまなデータが今以上に容易に収集できるようになります。それらのデータを人びとの暮らしが豊かになるように加工、活用するにはそれらのデータを自由自在に操る能力、つまりプログラミング能力が求められ、それこそが未来を切り拓く力なのです。
「基礎から体系的に情報技術を積み上げる」実社会において、経済を動かしているのは私たち一人一人であり、それぞれの企業です。したがって、経済学を学び、経営学を学ぶことは実社会の仕組みを学ぶことなのです。そして、それらの学びを基礎として、情報に関わる理論や技術を学び、情報を活用する能力・情報を分析する能力を身に付けることにより、実社会の問題解決を効果的に行うことができるのです。経済情報学科では、経済・経営・情報を基礎から一つ一つ積み上げ体系的に学ぶことができます

図式

「情報活用能力」企業における問題解決のためには「さまざまなデータがどのように活用されているか」という知識を身に付ける必要があるのと同様に、各種のデータを自由に操るプログラミングに関する知識と技術も必要となります。プログラミングを体験しながら学ぶことにより、それらの基礎的知識・基本的技術から順に身に付けることができます。
「情報分析能力」これからの企業はリアルタイムで大量かつ多種多様なデータ(Big Data)を収集し、それらのデータを分析することで生産性を高めることができるようになります。このとき必要になるのはデータを的確に、また、効率的に分析できる力です。このようなデータの分析能力を各種の経済データを用いつつ、身に付けることができます。
「問題解決能力」情報技術を応用して各種のデータを自由に操る情報活用能力(プログラミング能力)とデータから有用な情報を見出す情報分析能力(データ解析能力)を身に付けます。その能力を生かし、企業や地域社会などが抱える現実の問題に取り組み、それらを解決する能力を身に付け、更にその向上を図ることができます。

 


 

▶履修コース(履修モデル)

学びの特徴は何と言ってもプログラミング教育でしょう。文系に分類される学科でありながら、1年次前期から3年次前期まで一貫してプログラミングを学びます。最初の1年間はScratchというプログラム開発環境でシステム開発の手順やアルゴリズムの基本を体験的に学び、その後1年半、Pythonというプログラミング言語によって本格的なプログラミング手法を学んでいきます。

情報を自在に操る経済情報学部ではプログラミング能力とビッグデータを分析、活用するデータ解析能力を培い、新しい時代に求められる人材を育成します。具体的には以下のコースを置き、学生一人一人が自らの夢に向かって進めるよう手厚くサポートします。

コース (履修モデル) 養成する人材像 卒業後の進路
システムエンジニアコース プログラミング能力を中核とした情報活用能力・情報分析能力を身に付け、幅広い組織・企業において問題解決に当たり、社会を豊かにできる人材 システムエンジニア、プログラマ等
システム管理者コース 情報活用能力・情報分析能力を身に付け、地域経済やビジネスプロセスを理解に基づき,地域の企業のIT化を革新的に進め,社会を豊かにできる人材 一般企業や自治体でのシステム管理者等

カリキュラム教員紹介


 

▶ゼロからのスタートを応援

出身高校が理系であろうと文系であろうと、また、普通科、総合学科であろうと商業科・工業科であろうと、学びたい気持ちがあれば迷いためらうことは何ひとつありません。皆さんの「学びたい」と思う気持ちを「知っている・できる」という確固たる自信に高めるため,経済情報学部では経済分野・経営分野・情報分野のいずれも基礎的事項から学び始め,順を追ってその学びを高められるよう授業が組み立てられています。また、情報分野の学びの中にも経済データや経営データを用いた学びが用意されており,従来の「文系の学び」と「理系の学び」とを分断することなく、いわば文理横断的学修を実践します。それに加えて、1年次前期には「学修基礎Ⅰ」の授業の中で大学での学び方を取り上げ、大学生活のスタートをスムーズに進められるようサポートを行い、2年次前期の「学修基礎Ⅱ」においては社会人に求められる基礎的能力を身に付けられるよう支援を行っていきます。


 

▶就職活動に向けて

近年、大学生の就職活動には多くの変化が起こりました。そのため、経済情報学部では3、4 年次においてのみ就職活動をサポートするだけでは十分ではないと考え、「自分の適性は何なのか」「今後、どのように生きていきたいのか」「働くとはどのようなことなのか」等さまざまな事柄を考えるため、キャリア教育科目を1年次から配置し、複雑化・多様化する就職活動に備えています。加えて、国家試験である情報処理技術者試験や情報処理安全確保支援士試験の受験希望者に対して授業やゼミ等で支援を行っています。

取得可能な資格・検定 ITパスポート試験 情報セキュリティマネジメント試験 基本情報技術者試験 情報処理安全確保支援士試験 応用情報技術者試験 LPI Linux Essentials LPIC-1、LPIC-2 など
卒業後の進路 システムエンジニア プログラマ プロジェクトマネージャ データベースエンジニア データアナリスト データサイエンティスト セキュリティエンジニア システム企画・立案職 社内SE システム管理者 公務員 大学院進学 など

 


 

主な就職先(過去3年間)2016~2018年度

※現・経営情報学部の実績

【建設業】

  • 石友ホーム
  • 柿本商会
  • 北川ヒューテック
  • 玉田工業
  • ニューハウス工業
  • 丸井産業
  • 米沢電気工事

【製造業】

  • 天池合繊
  • いづみや
  • 宇野酸素金沢営業所
  • キタムラ機械
  • 黒田化学
  • 小松製作所コマツ粟津工場
  • 小松電業所
  • 小松電子
  • コマニー
  • 四十萬谷本舗
  • 大和冷機工業
  • 東邦ゴム工業
  • トランテックス
  • 日医工
  • ニッポー
  • 日本空調北陸
  • 日本精機
  • 富士薬品工業
  • 村田精工

【情報通信業】

  • アルファシステムズ
  • インテック
  • 日本ソフテック
  • 北陸コンピュータ・サービス

【運輸業・郵便業】

  • あいの風とやま鉄道
  • DMM.com Base
  • 西日本旅客鉄道
  • 日本郵便

【小売・卸売業】

  • アルビス
  • 石川トヨタ自動車
  • 石川トヨペット
  • 石川日産自動車販売
  • カナカン
  • クスリのアオキ
  • クボタ農業機械
  • ゲンキー
  • スズキ自販北陸
  • セントラルメディカル
  • デュプロ北陸販売
  • 富山県生活協同組合
  • ホシザキ北信越
  • 丸菱
  • ローソン

【金融業】

  • 今村証券
  • 興能信用金庫
  • 富山信用金庫
  • 富山第一銀行
  • 氷見伏木信用金庫
  • 北國銀行
  • 武蔵野銀行

【不動産取引・賃貸・管理業】

  • アーバンホーム
  • 朝日不動産
  • さくらホーム

【飲食店・宿泊業】

  • エムアンドケイ
  • 金沢ニューグランドホテル
  • ハチバン
  • ファイブスター
  • ホテル・アローレ
  • よろづや観光

【電気・ガス・熱供給】

  • イワタニ北陸

【医療業・保健衛生】

  • 上越医師会

【複合サービス】

  • 石川かほく農業協同組合
  • いなば農業協同組合
  • いみず野農業協同組合
  • 金沢市農業協同組合
  • 日本郵政
  • 能美農業協同組合
  • はくい農業協同組合
  • 福井県民生活協同組合
  • わかやま農業協同組合

【サービス業】

  • 石川県成人病予防センター
  • 石川ミリオンスターズ
  • エイジェック
  • 木村経営ブレーン
  • コマツインターリンク

【公務】

  • 法務省名古屋矯正管区
  • 陸上自衛隊
  • 石川県警
  • 埼玉県警
  • 愛知県警
  • 大阪府警
  • 上市町役場
  • 羽咋郡市広域圏事務組合

経済情報学部経済情報学科トップページに戻る