金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

准教授
人間健康学部 健康栄養学科

安川 然太

ZENTA YASUKAWA
専門分野:
食品衛生学、食品加工学
私が今、考えること

私が高校生だったころ、インターネットは普及しておらず、スマートフォンなど、もちろんありませんでした。それに比べると、現在は大変便利になったと驚くばかりです。これは一例であり、人類のあらゆる物は、先達の工夫があって発展してきた歴史があります。
食の世界における発展の歴史を享受し、社会発展に貢献することを考えていきます。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

ヒトが生きていくために食は不可欠ですが、より健康に生きようとすると知識が必要です。本学科ではそのような知識を身に付けることができます。その資格試験が管理栄養士国家試験であり、社会人になる前に国家資格取得にチャレンジすることができます。
国の医療財政はひっ迫しており、食による健康維持が期待されています。食について学び、健康寿命の増進に貢献しませんか。

学歴
  • 名古屋大学 農学部
  • 名古屋大学大学院 生命農学研究科
学位 博士(農学)
職歴
  • 日本学術振興会・特別研究員(2004年~2006年)
  • 愛知県がんセンター・リサーチレジデント(2006年~2008年)
  • 太陽化学株式会社(2008年~2020年)
  • 三重大学大学院生物資源学研究科・連携准教授(2019年~2020年)
  • 金沢学院大学人間健康学部・准教授(2020年~現在)
担当科目 食品衛生学、食品微生物学、食品衛生学実験、食品加工学実習など
私のおすすめの本
  • 「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」リンダ グラットン (著), アンドリュー スコット (著), 池村 千秋 (翻訳)、東洋経済新報社
  • 「土と内臓 (微生物がつくる世界) 」デイビッド・モントゴメリー (著), アン・ビクレー (著), 片岡 夏実 (翻訳)、築地書館
主な研究業績
  • Short-chain fatty acids bind to apoptosis-associated speck-like protein to activate inflammasome complex to prevent Salmonella infection. PLoS Biol. 2020 Sep 29;18(9):e3000813. doi: 10.1371/journal.pbio.3000813.
  • Epigallocatechin-3-gallate (EGCG) attenuates non-alcoholic fatty liver disease via modulating the interaction between gut microbiota and bile acids. J Clin Biochem Nutr. 2020, 67(1):2-9. doi: 10.3164/jcbn.20-39.
  • Effects of L-Theanine Administration on Stress-Related Symptoms and Cognitive Functions in Healthy Adults: A Randomized Controlled Trial. Nutrients. 2019, 11(10):2362. doi: 10.3390/nu11102362.
  • Effect of Repeated Consumption of Partially Hydrolyzed Guar Gum on Fecal Characteristics and Gut Microbiota: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, and Parallel-Group Clinical Trial. Nutrients. 2019, 11(9):2170. doi: 10.3390/nu11092170.
現在の主な研究テーマ
  • 免疫賦活作用に関する評価系の確立
  • 運動能と関わる製品開発
主な社会活動
  • 認定薬剤師研修講座での講演