金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

教授
基礎教育機構

竹村 裕樹

HIROKI TAKEMURA
専門分野:
都市計画 まちづくり
私が今、考えること

今、新型コロナ感染、地球温暖化など世界的問題をはじめ、地震・豪雨等による自然災害、人口減少社会における少子高齢化や都市のスポンジ化、北陸新幹線開業に伴う観光公害などさまざまな地域課題が顕在化している。これらの解決への処方箋を探り、若い人材を育成しつつ実践することにより、希望が持てる安全・安心の社会を後世に継承していきたい。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

大学での4年間は、「自分探し」。将来自分は何をしたいのか、その為には自分は今何をすべきかを見つめ直してアクションを起こす。学生時代はあっという間に過ぎるが、人生にとってこの時期はとても大事な時期。その際、「鳥の目、虫の目、魚の目」といったマクロ、ミクロの視点や流れを読むことが重要である。
「よく学び、よく遊べ」「道を拓く」。勉学、部活動、友人づくりなど幅広くチャレンジしながら、自分の夢を持ち続け、それに向かってあきらめずに粘り強く取り組んでほしい。
 

学歴 東京大学
学位 工学士
職歴
  • 2009年 石川県土木部都市計画課長
  • 2013年 石川県県央土木総合事務所長
  • 2015年 金沢学院大学経営情報学部教授
  • 2020年 金沢学院大学基礎教育機構特任教授
専門分野 都市計画・まちづくり全般(特に都市開発、街並み保全、景観、都市交通)
担当科目 地域課題研究Ⅱ、金沢まち学Ⅱなど
所属学会 日本都市計画学会、土木学会、日本都市環境デザイン会議など
私のおすすめの本
  • 竜馬がゆく(司馬遼太郎)
  • 火の鳥(手塚治虫)
  • 金沢の気骨(山出保)
主な研究業績・
作品等
  • 「人口減少・高齢化時代における成熟都市金沢の課題と処方箋の一考察」(2020金沢学院大学紀要第18号)
  • 「地方都市の再生戦略」(共著2013学芸出版社)
  • 石川県都市計画マスタープラン策定 
  • 石川県景観総合条例制定・指針策定
  • 金沢外環状道路計画及び事業 
  • 金沢副都心整備計画及び事業
  • 香林坊地区再開発事業
  • 金沢都市圏都市交通計画(P&R、新交通システム)
現在の主な研究・
制作テーマ等
  • 人口減少・少子高齢化時代の都市計画の理論と実践
  • 北陸新幹線金沢開業を活かした地域活性化方策と観光公害対策
  • 産学官連携や大学間交流によるまちづくりの実践
  • 歴史と文化伝統を活かした風格あるまちづくり
主な社会活動
  • 金沢市都市計画審議会会長及び県内行政委員会委員等
  • 金沢市野田中学校同窓会会長、金沢日仏協会副会長、金沢市富樫校下町会連合会副会長など