金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

助教
文学部 教育学科

家﨑 萌

MOE IEZAKI
専門分野:
美術教育
私が今、考えること

 私たちが他のだれかと共に学ぶとき、共感し合う体験から喜びを感じることがある一方、他者の「分からなさ」に直面し、居心地の悪さを味わうこともあります。ネガティブに考えがちな「分からなさ」ですが、それに向き合う体験は、言葉だけでなく、表現や場をさらに豊かにするポジティブな可能性を秘めていると考えます。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

「どこに行き、何を学ぶか」は、一つにはあなたが望む「学び」をどこに求めるか、そしてその「場」でどのように行動するか、に影響を受けます。
二つには、身を置いた先で、誰に、何に、どのようなことに出会うのか、にも影響を受けるでしょう。こちらは、同じ「もの」や「こと」に出会っても人により学びは違ってきます。
出会った何かに感じることがあったならば、ぜひ行動をおこしてください。前進、左右への寄り道、時には思い切って引き返すこともあるでしょう。この試行錯誤の軌跡があなたの学びを広げ、深めることと思います。

学歴
  • 佐賀大学 文化教育学部 美術・工芸課程
  • 上越教育大学大学院 学校教育研究科教科・領域専攻 芸術系教育実践コース(美術)
  • 2017/2018 チェコ共和国政府奨学生
  • 兵庫教育大学連合学校教育学研究科 令和元年度国際インターンシッププログラム(第Ⅱ期)カレル大学(チェコ共和国)派遣
学位 修士(教育学)
職歴
  • 新潟県中学校 美術科非常勤講師
  • 佐賀大学附属小学校 図画工作専科常勤講師
  • 東京都小学校 図画工作専科教員 他
専門分野 美術教育
担当科目 初等教育法(図画工作)、図画工作、造形演習、保育内容(表現)、保育内容演習(表現)他
所属学会  大学美術教育学会, 美術科教育学会, 日本美術教育連合, International Society for Education through Art
私のおすすめの本
  • 『こそあどの森の物語シリーズ』著者:岡田淳
  • 『星の王子様』著者:サン・テグジュベリ
  • 『場所の現象学―没場所性を超えて』著者:エドワード・レルフ
主な研究業績(論文)
  • 「音楽を通した造形活動による異文化交流の共同授業について−プラハ公立小学校での授業『二つのメロディー』を中心に−」,単著,大学美術教育学会,『美術教育学研究』,第51号,[査読あり]
  • 「A/r/tographyの視点を用いた『託す』造形活動の授業開発と実践」,単著,日本美術教育連合,『日本美術教育研究論集』,第53号,[査読あり]
  • 「他者との出会いと『居場所の造形』−A/r/tographyの視点によるプラハ公立小学校での共同授業研究を中心に−」,単著,大学美術教育学会,『美術教育学研究』,第52号,[査読あり]
  • 「チェコ共和国の教育システム構築とフレームワークの考察−コンフリクトに向き合う表現に着目した美術教育の検証に向けて−」,単著,兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科,『教育実践学論集』,第22号,[査読あり]
  • 「『居場所』と造形をめぐる<他者>の考察−プラハ公立小学校での授業『コドモ共和国』」を手がかりに−」,単著,大学美術教育学会,『美術教育学研究』,第53号,[査読あり]
  • 「『居場所』の造形活動をめぐる自他の境界について —a/r/tographyを用いた日本・チェコ共和国間の交流授業を通して—」,単著,美術教育連合,『日本美術教育研究論集』,第54号,[査読あり]
  • 「美術教育におけるオープンフォームを活用した教員養成に関する一考察−チェコ共和国カレル大学教育学部の授業実践を手がかりに−」, 単著,『共創型対話学習研究所 機関紙』, [査読あり]
  • 「造形物へ関わる幼児の表現についての一考察 展示会場における幼児と大人の探索活動の事例を通して」,単著,金沢学院大学教職センター紀要
  • 「表現領域と図画工作の指導法について—幼小接続の観点から—」,単著,金沢学院大学教職センター紀要
主な研究業績(作品等)
  • 「オンサ」、彫塑作品、『第34回日彫展』入選、主催:社団法人日本彫刻会、発表場所:東京都美術館(東京)
  • 「Paradox Cloud」、空間造形作品、『Winter Market』(新潟県インバウンドイベント)、主催:新潟県「がんばる商業者グループ育成事業」,インバウンドで本町を盛り上げるおかみさんの会、発表場所:あすとぴあ高田(新潟)
  • 「内と外」、彫刻作品、『第91回 国展』入選、主催:国画会、発表場所:東京国立新美術館(東京)
  • 「Intensity –Cloud」、空間造形作品、『イベント会場 リニューアルの空間装飾』、企画依頼:ライブ&エンターテイメントBis、発表場所:ライブ&エンターテイメントBis(新潟)
  • 「Jsem Tady – I am here」、『Jsem Tady – I am here』展(個展)、主催:Dark Matter Gallery、発表場所:Dark Matter Gallery(チェコ共和国,プラハ)
  • 海外アーティストレジデンス、芸術支援団体による公募採択、平成30年4月〜7月、主催:Cross Attic(チェコ共和国プラハ)
  • 「Spur」、グラフィック作品、『第42回三菱商事アート・ゲート・プログラム』入選、主催:三菱商事株式会社、企画運営:株式会社AGホールディングス、発表場所:三菱商事CRSステーション「MOC FOREST」(東京)
  • 「Hnízdo ♯3」、彫刻作品、『第93回 国展』入選、主催:国画会、発表場所:東京国立新美術館(東京)
  • 「E音とB音の調和」他、絵画作品、『第43回三菱商事アート・ゲート・プログラム』入選、主催:三菱商事株式会社、企画運営:株式会社AGホールディングス 発表場所:三菱商事CRSステーション「MOC FOREST」(東京)運営:株式会社AGホールディングス
  • 「明星」他、絵画作品、『インターアート7セレクション真夏の夜の夢』、画廊企画:INTERART7(インターアート7)、発表場所:TK GALLERY/space2★3(東京)
  • 「やまびこ」、立体作品、『第10回 弥彦・野外アート展2019ファイナルステージ』 主催:弥彦・野外アート展実行委員会、発表場所:弥彦文化会館周辺(新潟)、協賛:弥彦村,弥彦村教育委員会
  • 「棲家たち」、立体作品、『エックス展Ⅹ若きクリエーターたちの自由表現』、画廊企画:アトリエZen、発表場所:Gallery Maison de 旅のそら屋(新潟)
  • 「一畳プロジェクト」、映像作品、『文化の丁字路〜西と東が出会う新潟〜新潟県文化祭2020』 、主催:新潟県,公益社団法人 新潟県文化振興財団、公開:新潟ステージチャンネル
  • 「You are, and I am」、立体作品、『エックス展vol.11』、画廊企画:アトリエZen、発表場所:長岡市美術ギャラリー(新潟)
現在の主な研究テーマ
  • 美術を中心とする多様な表現教育
  • 造形活動を通した他者との出会い(異文化交流 等)
  • 日本と中欧における美術教育のカリキュラム・授業研究
  • 場や境界をテーマとした美術制作と教材開発研究
主な社会活動
  • 東京都図画工作研究会 会員(平成20年4月〜平成28年3月まで)
  • 東京都多摩地区図画工作教育研究会 研究部員(平成21年4月〜平成28年3月まで)
  • 東京都多摩地区図画工作教育研究会 研究副部長(平成26年4月〜平成27年3月まで)
  • 東京都多摩地区図画工作教育研究会 庶務部長(平成27年4月〜28年3月まで)
  • 新潟県「夢・志チャレンジスクール事業」による公立小学校での講演・授業講師(平成30年)
  • プラハ高等専門教育大学・中等専門学校「学校プロジェクト・デー」講師(令和2年)
  • 上越科学館少年少女発明クラブ講師(令和元年度〜令和2年度)
  • 新潟県を中心とした地域での造形ワークショップ 他