金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

助教
文学部 教育学科

松下 明日香

ASUKA MATSUSHITA
専門分野:
保育
私が今、考えること

人が育つには何が必要でしょうか。子どもは成長の過程で歩けるようになり、生活が自立していくとともに、意思を持った人として心も大きくなっていきます。その成長発達は、自然とそうなるのではなく、やってみたいという気持ちと、主体的な活動によってなされます。人の育ちをどう支えるか、一緒に考えてみませんか?

MESSAGE
受験生・学生へ一言

大学時代は、自分の興味の赴くままに自由に学ぶことのできる貴重な時間です。新たな世界への扉を開き、足を踏み入れてみてください。共に学ぶ仲間と語り合うことで、一人ではたどり着かなかったものが見えることもあるでしょう。ぜひ、興味を興味のままにせず、先人の知恵に学び、議論し、時には実際に行動をおこして全身で感じる学びを経験してください。大学で何を得られるかは、自分次第。皆さんの大学生活が充実したものになりますように。

学歴
  • 関西学院大学 総合政策学部
  • 鳴門教育大学大学院 学校教育研究科
学位 修士(教育学)
職歴 保育士としての勤務経験有
専門分野 保育
担当科目 保育実習指導、保育実習、保育インターンシップ等
所属学会 関西教育学会、日本保育学会、OMEP
私のおすすめの本
  • 『窓際のトットちゃん』黒柳 徹子 著
  • 『モモ』ミヒャエル・エンデ 著
主な研究業績・
作品等
  • 「幼児が発揮するコンピテンシーに関する研究―DeSeCoプロジェクトのキー・コンピテンシーを手がかりに―」、『関西教育学会年報』第40号,pp.71-75,2017年
  • 「自然環境の中で発揮される乳児のコンピテンシー」、『未来を拓く教育実践学研究』共創型対話学習研究所第3号,pp.74-83,2018年
  • 「乳児保育における自然環境に関する一考察―保育士へのインタビューを手がかりに―」、『金沢学院大学教職センター紀要』第2号, pp.76-92,2018年
現在の主な研究・
制作テーマ等
  • 子どもが発揮する能力について
  • 保育と環境
主な社会活動 SWITCH WA JAPANの会員として、主に勉強会の開催や防災に関する本の執筆などを実施している。