金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

教授
文学部 教育学科

藤原 正光

MASAMITSU FUJIWARA
専門分野:
養育心理学 学級集団の心理学 学校カウンセリング(学校心理士スーパーバイザー)
私が今、考えること

「アサーション(さわやかさ):assertion」という言葉を,今,特に真剣に考えています。自分の「考えや気持ち」を相手に正直に伝え,相手の「考えや気持ち」を正しく理解して,言葉や行動で表現することです。「爽やかな生き方」を終生続けたいものです。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

「『運・鈍・根』が学者にとって一番大切なことです」。約50年ほど前,大学教師を目指して大学院に進学するこをが決めた時に,義兄(当時大学教授)がしみじみと語ってくれた言葉です。皆さんも,教師やスポーツ指導者などの目指して頑張る学生時代は,自分で定めた一つの目標に向かって,迷うことなく「モクモク」と歩み続けてください。「一流の選手は,必ずしも一流の指導者ではありません」。決して輝かしい結果だけを求めて進まないでください。

学歴
  • 埼玉大学 教育学部
  • 都立大学大学院修士課程心理学専攻修了、都立大学大学院博士課程心理学・単位修得満期中退
学位 文学修士(心理学)
専門分野 養育心理学、学級集団の心理学、学校カウンセリング(学校心理士スーパーバイザー)
担当科目 教育心理学
所属学会 日本心理学会、日本学校心理学会、日本学校心理士会
私のおすすめの本
  • 『自己カウンセリングとアサーションのすすめ』金子書房 著者:平木典子(2000)
  • 『飛ぶがごとく(一)~(五)』文芸春秋 著者:司馬遼太郎(2002~)
主な研究業績・
作品等
  • 藤原正光(1976)「同調行動の発達的変化に関する実験的研究」心理学研究,47(4),pp193-201.
  • 藤原正光(2009)「学級集団形成に及ぼす諸要因の効果と社会心理学の動向」教育心理学年報,42,pp52-67.
  • 藤原正光・志賀彩奈(2112)「自己表現スタイルに及ぼす学級での人気度と性差と状況要因の効果」文教大学教育学部紀要,46,95-104.
現在の主な研究・
制作テーマ等
「子どもの自己表現スタイルと社会性の発達」