金沢学院大学

ABOUT US

教員紹介

教授
経済学部経済学科

古谷 京一

KEIICHI FURUYA
専門分野:
マクロ経済学 金融論 経済政策論 日本経済論
私が今、考えること

我々の日常生活や人間行動として具体的なイメージが浮かぶのは、買う(消費)、売る(生産・販売)、働く(労働)といった経済活動です。経済活動を行うにあたって必要不可欠で当たり前に存在している「お金(金融)」。そんな金融に関する成立と展開、金融制度の比較、金融政策による政策効果(経済活動全体に及ぼす影響)に特に興味を持ち、さらに経済政策全般や日本経済の現状に関して研究しています。

MESSAGE
受験生・学生へ一言

日常で身近な経済活動を知識や思考に基づき行っている人は非常に少なくただ「なんとなく習慣的に」行っている人が多いと思います。しかし、経済活動は人生の目的や計画に大きな影響を与え、時には人生そのものを変えてしまうこともあります。
では、身近な経済活動を研究対象としている経済学に関してどのようなイメージが浮かぶでしょうか?ほとんどの人はお金儲け、お金を稼ぐ、給料など、単純に「お金」に関して研究している。あるいは、経済学から「お金」を通じて人や物がつながり、そのネットワークは世界中につながっているイメージまで浮かぶでしょうか?
想像する以上に経済学の研究対象は広範囲で多岐に渡っています。経済学は日常から世界そして人間行動そのものを分析していると言っても過言ではありません。人生に必ず役に立つと思います。

学歴
  • 武蔵大学経済学部
  • 武蔵大学大学院経済学研究科 博士前期課程修了 博士後期課程単位取得
学位 修士(経済学)
専門分野 マクロ経済学、金融論、経済政策論、日本経済論
所属学会 日本経済学会、日本金融学会
私のおすすめの本
  • 河上肇 『貧乏物語』 岩波文庫
  • 宇沢弘文 『経済学の考え方』 岩波新書
  • 森嶋通夫 『思想としての近代経済学』 岩波新書
  • 大竹文雄 『こんなに使える経済学-肥満から出世まで』 ちくま新書
  • G.S.ベッカー G.N.ベッカー(鞍也雅敏・岡田滋行訳)『ベッカー教授の経済学ではこう考える』 東洋経済新報社
主な研究業績
  • 「金融政策と内生的貨幣供給モデル-銀行貸出・現金・預金経済の場合-」 『武蔵大学論集』 第45巻 第4号 1998年
  • 「デフレーションと経済モデル」 『徳山大学論叢』 第52号 1999年
  • 「マクロ経済学的視点から考察される不動産市場」―地域経済分析の出発点としての不動産市場分析―」 徳山大学総合経済研究所『紀要』 第33号 2011年
  • 「人口減少と社会保障―経済データの視点から―」 徳山大学総合経済研究所『紀要』 第34号 2012年
  • 「スキー市場に関する経済分析―教職課程履修者のためのスポーツ市場に関する経済分析の例として―」 徳山大学総合経済研究所『紀要』 第36号 2014年
現在の主な研究テーマ
  • 金融政策の効果
  • 金融理論(MMTと内生的貨幣供給)とマクロモデル
  • 金融制度の比較
  • 金融不安定性とマクロ経済