文部科学省「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム高校生コース」
北陸地区発表会について(ご案内)

金沢学院大学文学部教育学科
学科長 多田孝志(トビタテ!審査委員長)

トビタテ北陸地区の発表会を行いますので、ご参加ください。

日時

8月4日(日)13:00~14:00

場所

金沢学院大学講堂

発表者、テーマ、概要

■発表①

【氏 名】 近松勇門

【テーマ】 医学部の海外実習と生命倫理学の研究留学

【概 要】 弊学では6年次に海外の病院で実習を行うことができる。医療を行う上で身体のみならず、社会心理背景を含め捉えていく必要があり、それは医学と倫理学とを統合した人間学による実践である。イタリアで培われてきた、人格主義の立場からの生命倫理学をもとに実際にどのように医療が行われていたのか報告する。

■発表②

【氏 名】 小野田優輝

【テーマ】 トビタテ!留学JAPANに合格して

【概 要】 トビタテ!留学JAPANに応募した経緯及びきっかけ、私の留学内容や将来のビジョン、トビタテに合格してからの活動、個性豊かなトビタテ生の仲間について発表する。

■発表③

【氏 名】 森豪大

【テーマ】 14日の留学で人は変わる

【概 要】 私は、トビタテ!留学JAPANにて、高校2年生の時に14日間留学した。公共通機関が非常に発達しており、先進的なまちづくりが行われているポートランドへ留学した。私はその14日という短い留学期間で自分のビジョンが大きく変化した。今回はその変化について発表する。