金沢学院大学

文学部 「キャリアデザインⅠ」

最終提案に向けてラストスパート!

文学部1年生は「キャリアデザインⅠ」の授業で、石川県の企業から「課題」をいただき、その解決策の提案にチームで挑んでいるところです。5月27日(水)の最終提案に向けて、今はラストスパートです。図書館では朝早くから、学生たちが自ら集まり、資料を調べたり、アイディアを議論したり、プレゼンテーションの準備をしたりする姿が見られ、とても活気がありました。

アイディアを提示するだけでなく、根拠をもって「上司」である企業の方を説得し、自分たちの案を採用してもらうにはどうしたらよいのか?「部下」として考え、走る日々が続きます。

DSC_0534 DSC_0527

「キャリアデザインⅠ」の授業内容と目的

本学文学部では1年生の「キャリアデザインⅠ」(必修)の授業において、一般社団法人Future Skills Project研究会によって提案されている「FSP講座」を実践しています。「FSP講座」とは、企業と大学が協同して学生の「主体性を引き出す」ことを目的として組み立てられています。学生は2つの企業の社員となって、それぞれの企業が抱える「正解のない課題」にチームで取り組みます。アクティブ・ラーニング(学生が能動的に議論に参加したり、発表したりする学習方法)、チームワークをベースとしたPBL(課題解決型学習)の形式を取り入れたこの授業を通して、主体性と協働性のある人材の養成を目指します。

今年度、ご参加いただいている企業(五十音順、敬称略)。

◆前半企業:NTTドコモ北陸支社、フラワーガーデン、名鉄丸越百貨店

◆後半企業:小松精練、丸菱