よくある質問Q&A

Q1.卒業すると、どのような資格がとれますか?

A.本学科を卒業すると、管理栄養士国家試験受験資格、栄養士免許、および社会福祉主事(任用資格)の資格が取得できます。また、教職に関係する科目を追加して履修することで、栄養教諭一種免許状が取得できます。さらに、フードスペシャリストに関係する科目を履修することで、フードスペシャリストの認定試験受験資格を得ることができます。


Q2.管理栄養士と栄養士の仕事には、どのような違いがあるのですか?

A.栄養士は、主に一般的な給食施設で健康な人を対象とした献立作成や調理を行います。管理栄養士はさらに高度な専門知識と技術を必要とされ、病院での入院患者の栄養管理や外来患者の食事相談、保健センターなどでは地域住民を対象とした食生活改善に関するさまざまなプログラムの企画・実施など、より幅広い役割を担います。


Q3.管理栄養士にはどのような就職先があるのですか?

A.主な就職先として、医療施設、福祉施設、教育現場、行政(県・市・地域保健センター、研究教育機関、食品関連企業などが挙げられます。


Q4.管理栄養士はどのような仕事をするのですか?

A.例えば、医療施設では、医師、看護師、薬剤師などと連携して、チーム医療の一員として患者の治療に当たります。また、老人ホームなどの社会福祉施設では、歯科医師や介護職員等と連携し、利用者の身体状況や、噛むこと(咀嚼)や飲み込み(嚥下)の状態に合わせた食事や栄養の管理を行います。さらに、小・中学校での給食の提供や食育(栄養教諭免許取得の場合)、各種施設での給食経営管理、商品開発など、さまざまな仕事があります。


Q5.健康栄養学科ではどのような勉強をするのですか?

A.1年生では、幅広い知識を持った社会人になるための教養科目と、体のしくみや食品の成分など、栄養について学ぶ上で基礎となる科目が中心になります。2年生以降は、管理栄養士の仕事に直結する専門的な科目が多くなり、例えば栄養教育・指導の方法や、病気の治療・回復を促すための栄養管理といった実践科目を中心に学んでいきます。それらの科目を履修した上で、約4週間の臨地実習があり、病院や福祉施設、保健センターなどで管理栄養士の実務の研修を行います。また、4年生では卒業研究を行います。詳しくは「カリキュラム」をご覧ください。


Q6.健康栄養学科の教育の特長はなんですか?

.健康栄養学科では、講義と実習の充実に加えて、オンラインでの教育にも力を入れており、スマートフォンやノートパソコンからインターネットを使って小テストや参考資料の閲覧などが可能です。さらに、各種の教育ツールを使って予習・復習といった学習を自宅で効率よく進めることができます。また、定期的に国家試験形式のテストを行い、国家試験に合格できる力を養います。これらの教育には豊富な経験をもつ教員があたり、質の高い設備・教育環境を整えて、優れた管理栄養士の養成を目指しています。


Q7.健康栄養学科には、どのような設備があるのですか?

A.最新の調理機器やエアシャワーを備え、食品衛生に関する国際基準を満たす給食経営管理実習室、IH方式を採用した調理学実習室、身体状態の検査や患者さんへの栄養補給を行うための機器を備えた臨床栄養実習室など、最新の設備の中で学ぶことができます。また、教員研究室の近くには健康栄養学科の学生のための自習室も設けてあり、落ち着いた環境で学習することができます。


Q8.健康栄養学科は「地域連携」に力を入れていると聞きましたが、どういうことでしょうか?

A.金沢学院大学は金沢市をはじめとして県内の多くの自治体と連携協定を結んでいます。健康栄養学科では、自治体が行う食生活に関連する事業に教員と学生が一緒に参加することで、食と健康についての地域の課題を理解し、それに取り組み、解決に貢献できる力を養います。


Q9.理科は苦手なのですが、勉強についていけるでしょうか。

.教養科目として生物学基礎や化学基礎という科目が準備されており、それらの科目を履修することで基礎力を身につけることができます。また、高校で生物基礎か化学基礎のいずれかしか履修していない学生も少なくないので、その点について十分配慮した授業を行っています。


健康栄養学科メインページへ戻る