中村友哉選手 相撲・世界タイトル2冠

相撲部の中村友哉選手(スポーツ健康学科2年)が、8月30日に行われた第11回アジア相撲選手権大会と、8月31日に開かれた第19回世界相撲選手権大会の個人軽量級(85キロ未満)で、優勝しました。

軽量級の優勝は、日本選手として3大会ぶり。石川県出身選手としては、1992年の第1回大会の出島武春選手(元大関出島)以来、2人目の世界選手権制覇となります。

10619951_658849434222125_2785872511547720319_o