経営学専攻_文字 経営学専攻トビラカット差替

企業経営の仕組みと組織の方向性を決める戦略を学ぶ

企業経営の仕組みに重点を置いて学ぶ

企業はどのようにして活動しているのか、経営戦略はなぜ必要なのか、一人一人が一生懸命に働くためにはどうすればよいのかといった問題から、企業の中のおカネの流れとその記録(会計)まで、企業経営に関する問題を中心に学修します。 1年次に経営学や隣接学問分野の基礎知識を学んだ上で、2年次以降、専門科目を学んでいきます。3年次以降は、学術理論を深く学ぶことと並行して、実際の企業経営の現場に触れるフィールドワークを行います。これらを通じて、幅広い視野と柔軟な思考を身に付け、企業社会におけるリーダーの育成を目指していきます。これによって地域社会の活性化にも貢献できる人材を輩出していきます。

▶経営学の学びのポイント

❶実践(Practice) Practice(実践)とは、理論に基づき、実際に行為していくことです。理論なき行為、行為なき理論は、Practiceとは言いません。経営学は、このPracticeをよりよいものにしていくためにはどうすればいいかを考えます。


経営学専攻
❷学術理論の駆使 経営学には、「よい理論ほど実践的なものはない」という格言があります。経営学は、社会が抱える課題の解決のために、経営学自身の学術理論はもちろん、他の学問分野の学術理論も縦横無尽に活用するという、独特のスタンスをとる学問です。


❸フィールドワーク 経営学のもう一つの格言として、「社会を理解する最良の方法は、社会を変えてみることだ」というものがあります。経営学は、実際の経営の現場に飛び込み、私達の生きる社会をよりよく変えていくフィールドワークを何よりも大切にします。

取得可能な資格・検定

中学校教諭一種免許状(社会)高等学校教諭一種免許状(公民) 経営学検定 ●簿記検定 ファイナンシャル・プランナー税理士(科目受験) 公認会計士中小企業診断士 など

経営情報学部経営情報学科トップページに戻る

経営学専攻 / 経済学専攻 / 経営情報学専攻