教員紹介

金沢学院大学

金沢学院大学 教授

文学部文学科日本文学専攻

水洞すいどう 幸夫ゆきお

私が今、考えること

文学作品は、私たちにそれぞれ何を訴えかけているのでしょうか。その声を私たちは正確に受けとめているのでしょうか。誰も見たことがない作品の新しい姿が現れる、そういうスリリングな瞬間を求めて、まずは作品に潜む謎をあぶり出したいと思っています。

受験生
学生へ一言

文学作品は、嘘の話です。嘘ですから、どう書いても自由です。同じテーマでも、Aのように書くこともできるし、Bのように書くこともできます。選択肢はいくつもあります。でも、作品にするときは、そこから一つだけ選ばなければなりません。なぜ、作家は、その作品でAではなくBの書き方を選んだのか。作品の別の展開を創作してみて、もとの作品と比べてみることで、その作品がその形であることの意味が見えてきます。創作的な想像力と作品を読み解く力は、実は密接に結びついているのです。

学歴

学位

専門分野

担当科目

所属学会

私のおすすめの本

主な研究業績・作品等

現在の主な研究・制作テーマ等