vol.1

2017年度
公務員試験合格者にインタビュー

■山岸梨々花●

 #01●

山岸梨々花さん
石川県公立中・高国語教員

文学部日本文学科(石川県立飯田高校出身) ★ KGC講座受講生(教員コース)

Q.教員になろうと決めた理由

大学での学び、教育実習を通じて学校教育に携わりたいという気持ちが強くなりました。国語という教科の魅力、面白さをどのように伝えるか、授業の工夫を考えることが楽しいです。

Q.合格につながったと思うポイントやPR方法

筆記試験は専門科目、特に古典分野に力を入れて勉強しました。先生や友達と空いた時間を利用して面接対策を繰り返したこともポイントだと思います。

Q.就活を振り返って苦労したこと・学んだこと

自分に自信を持つことができなくて、面接の練習で自分をPRすることに苦しみました。自信をつけるためには知識が必要だと学びました。

Q.就職支援部との関わり方や活用方法

分からないことがあると就職支援部に足を運びました。面接練習をしてもらい、周りの人から見た自分像を教えてもらうこともありました。

Q.KGC講座を受講しての感想

基礎的な学力が身に付くのはもちろんのこと、講師の先生のお話を伺うことで、将来の選択肢を広げることができました。

Q.後輩へのメッセージ・アドバイス

友達や先生、就職支援部の人と話をしたり、聞いたりすることで悩みから抜け出すことができました。一人で悩むことも大切だと思いますが、就活では誰かと頑張るということも大切だと思います。教職・司書課程の履修、ゼミ活動、ボランティア活動など、自分の視野が少しでも広がるように様々なことに取り組んで欲しいです。

●就職内定者の声大バナー

↑ 「内定者の声」トップページに戻る