Vol.4

2017年度 公務員試験合格者インタビュー

谷山大カット

 #02●

谷山 直也さん/富山県警察本部

人間健康学部 スポーツ健康学科(富山県立南砺福野高校出身) ★KGC講座受講生

Q.その内定先に決めた理由

 まず、富山県に貢献したいと思ったからです。誰かのために行動を起こし、頼られ、感謝される警察官の仕事にも魅力を感じました。また、明確な階級、昇進制度があり、自身の成長にもつながると思いました。その他、ワークライフバランスを大切にしており、プライベートの充実が保障されている点も決め手のひとつでした。

Q.内定につながったと思うポイントやPR方法

面接試験では堂々とした態度で自分の誠実なところや何事もあきらめず挑戦し続けることをアピールしました。筆記試験についてはKGC講座で基礎を学び、3年生の夏休みから勉強の時間を増やし、計画的に行動しました。

Q.就活を振り返って苦労したこと・学んだこと

 筆記試験の勉強をしながら、体力テストに向けて、トレーニングをしたことが大変でした。多くの友人は早くに内定をもらっていましたが、公務員の合格発表は秋なので就職活動が長く感じられました。そのため、緊張感を持って過ごすことを意識しました。

Q.就職支援部との関わり方や活用方法

先輩方の受験報告を見て、試験の参考にしました。就職支援部の職員の方とコミュニケーションを取り、今の状態や考えていることを伝え、助言をいただきました。

Q.後輩へのメッセージ・アドバイス

公務員を目指す人は、試験に向けての勉強を続けること、民間を受ける人は、企業について深く知ることが大事だと思います。そのためにも就活イベントに積極的に参加し、たくさんの企業情報を集めてください。些細なことでも就活では大きなチャンスとなることがあるので、準備を怠ることなく臨んでください。