Vol.4

2017年度
公務員試験合格者インタビュー

大堀大カット

 #01●

大堀 新さん/栃木県公立中・高保健体育教員

人間健康学部 スポーツ健康学科(栃木・作新学院高校出身)

Q.その内定先に決めた理由

これまで自分が頑張ってきたバドミントンを選手として、指導者として続けることができると考えたからです。また、自分をここまで成長させてきてくれた地元栃木県に貢献するため、教壇に立ちたいと思い、決めました。

Q.内定につながったと思うポイントやPR方法

面接試験では、明るく元気にハキハキとした態度で臨みました。自分には「こんなことが出来る」ということを具体的に伝えました。

Q.就活を振り返って苦労したこと・学んだこと

自分がどんな性格でどんなことができるのかということを改めて知ることが出来ました。試験対策に早くから取り組んだことが良かったと思います。教員か民間企業かで悩み、両方で活動をしていましたが、それぞれに周囲の人からのサポートがあり、支えられました。

Q.就職支援部との関わり方や活用方法

私の就活状況を把握し、適切なアドバイスや情報を教えていただきました。また、面接の練習や履歴書の添削では何度もお世話になりました。不安もありましたが、就職支援部は一人一人の就活に真剣に向き合ってくれる体制が整っているので安心です。

Q.後輩へのメッセージ・アドバイス

就活する上では、企業を知ることも大切ですが、自分がどんなことができるのか、本当にやりたいことは何なのかということを考えることも大切です。頑張ってください。