vol.1

2017年度
公務員試験合格者にインタビュー

■堀●

#03●

堀 諒也さん/富山県・上市町役場

経営情報学部経営ビジネス学科(富山県立水橋高校出身)
★KGC講座受講生(公務員コース)

Q.公務員になろうと決めた理由

入学当初から公務員志望で富山県に貢献できる仕事がしたいと思っていました。上市町が地元なので、生まれ育った地域を支える仕事に取り組みます。

Q.合格につながったと思うポイントやPR方法

サッカー部に所属しているので、部活動の内容を中心にアピールしました。ただ頑張ったことを伝えるのではなく、自分が意識して取り組んだことや、壁をどのように乗り越えたかを、自分の言葉で伝えました。

Q.就活を振り返って苦労したこと・学んだこと

自己分析を通して、自分の強みや弱みを自覚することができました。なんとなくわかっていたことを伝えても、相手に響かないと思います。自分のことだからこそ、しっかり自己分析をして準備しておくことが大事です。

Q.就職支援部との関わり方や活用方法

就活全般の相談だけでなく、公務員試験の情報なども教えて頂きました。何度も面接練習をしていただきました。

Q.KGC講座を受講しての感想

自分で試験勉強をしていて、わからないことは土曜日のまとめ講座で質問をして、苦手な分野の克服に取り組みました。テキストの問題をできるまで何度も解くことと、時間を意識して問題を解くことを意識しました。

Q.後輩へのメッセージ・アドバイス

公務員の勉強は大変だと思います。でも、他の人も大変なのは変わらないので、どのように勉強していくかが大事です。私も、最初は勉強のペースがまちまちでしたが、時間を決めて、勉強の量を増やしていきました。公務員になりたいという気持ちを強く持って頑張ってください。

●就職内定者の声大バナー

↑[「内定者の声」トップページに戻るに