地域連携トップバナー地域連携HP用

 地域をフィールドに、実践的な学びを。

過疎化や少子高齢化など様々な課題を抱えている地域社会に対して、大学・短大が集積する知識や情報、若い人材力を生かし、住民の皆さんとともに課題解決や地域の活性化を進めることは、地域の拠点となる大学の役割の1つといえます。本学では、地方自治体や企業・団体との連携協力を積極的に進め、様々なプロジェクトに取り組んでいます。実際に地域社会に出て、その課題解決に当たることは、学内の学びだけでは得られない実践力を養い、社会の仕組みを理解する貴重な機会となり、将来、地域で活躍する人材として、学生を大きく成長させています。

 地域連携推進センターが活動をバックアップ

平成26年4月、自治体や企業、団体、商店街、地元住民との連携窓口となる地域連携推進センターを開設しました。「地域社会もキャンパス」を合言葉として、地域と連携した教育をしています。本学は4学部からなる幅広い専門知識を持つ教員を擁しており、学生と教員、地域の方々が協働して地域社会が抱える様々な課題の解決に取り組んでいます。教室での学びだけでなく、社会に出て、「社会に貢献したい」、「活動を通じて成長したい」という学生の後押しをしています。また、地域社会との窓口として、地域課題に意欲を持って取り組む学生、教員を支援するだけでなく、地域や行政機関、企業、団体とのマッチングをおこなう役割も担っています。

 1.自治体連携  ―地域の課題を解決するプロジェクト、各学部・学科が複合的に対応―

2014年3月に石川県内の金沢市と小松市、2015年3月に白山市と加賀市と包括連携協定を結び、自治体との連携協力はより深く、さらに広がりを見せています。大学4学部と短大2学科による多様な学問領域を持つ本学は、それぞれの自治体が抱える課題に対して、より複合的、総合的に対応できるという強みがあります。2014年度は、金沢市との連携事業として、地元特産のジネンジョのレシピ開発や金沢マラソン開催に向けた運営協力などに取り組みました。小松市とは、浴衣によるファッションショーの開催や生活習慣病予防の栄養指導、女子学生によるオリジナル観光ガイドの作成など、金沢学院大学と合わせて20を超えるプロジェクトを展開しました。

P.U曳山踊り

2.企業連携  ―学部の特徴を生かして、共同研究や商品開発―

地元企業との産学連携は、本学が持つ豊富な知見や研究成果、学生の若い感性やアイデアを生かして、地域産業の振興・発展に貢献する一方で、新たな研究環境の構築や学生の実践と経験、就職に直結した学びを深める絶好の機会となっています。これまでも学科の特徴を生かした共同研究や商品開発を数多く手掛けています。JA小松市との連携で小松特産の大麦を使った商品開発に取り組んだほか、加賀野菜「金時草」の焼き菓子づくり、ファッション協会主催のイベントと連動したファッションショーの実施など、取り組みの幅はさらに広がっています。

P.U企業連携

  3.商店街  ―学生ならではの発想と行動力で誘客、にぎわいを創出-

少子高齢化や生活スタイルの変化、郊外型大型店舗の進出などに伴い、地域の商店街が抱える課題は山積しています。本学では、地元商店街と連携した活性化プロジェクトを立ち上げ、商店街のにぎわい創出や誘客増進、店舗の情報発信など、様々取組みを進めています。経営情報学部が2013年度に始めた金沢市内中心部の尾張町商店街との共同プロジェクトでは、歩行者通行量調査や散策マップの作成、誘客イベントの実施など学生ならではの発想と行動力を生かした試みを多岐にわたって展開しており、2014年には新潟市内の商店街・大学関係者らが視察に訪れました。

P.U商店街

4.研究成果 ― ディスカッションペーパー ―

著者 タイトル 発行日
小谷学、片桐高宏 行政キャッシュ・フロー計算書に基づく安全性指標の有用性 平成27年7月9日発行(金沢学院大学紀要 経営・経済・情報科学・自然科学編,第14号に収録)