健康栄養学科の教育方針(3つのポリシー)

 

■入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 健康や栄養に関心を持ち、食と栄養に関する専門職として管理栄養士になることを目標に、その専門的かつ高度な知識・技術を真摯に学ぼうとする意欲のある学生
  2. 修得した専門的かつ高度な知識・技術を人々の健康のために役立て、地域社会の福祉や発展に貢献したいという意欲のある学生
  3. 管理栄養士養成課程で学修するために必要な日本語、英語及び化学・生物における十分な力を備え、さらにそれを伸長する努力を惜しまない学生

■教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

健康栄養学科では、医療、福祉、介護、学校における食育など様々な場面で高度な栄養ケア・マネジメントおよび栄養教育の中核となって地域の健康増進に資する管理栄養士を育成することを目指している。この教育目標を達成するため、管理栄養士に求められる食と栄養に関わる専門的知識、技能等を段階的に学修することができるカリキュラム(教育課程)を設けている。具体的には、1年次は人体の構造と機能、各種疾患の病理、食品や調理に関する専門基礎科目を学び、2年次からは、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論などの専門実践科目を学修する。3年次からは、管理栄養士の指導の下、病院や保健センター、福祉施設等の施設で臨地実習を行い、それまでの学修で得た理論と実際を統合する。4年次には総合的な学修の成果として卒業研究に取り組み、健康を科学的な視点でとらえ、論理的に思考する力を養う。また、地域貢献の観点から、地域社会の活性化、栄養教育の普及、及び地域食文化の継承に貢献できる力を培う専門教育科目を配置している。


■学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 広い視野を有し、深い教養と豊かな人間性を身につけている。
  2. 医療、福祉、介護などの現場で適切な栄養ケア・マネジメントを行う力を身につけている。
  3. 栄養教育活動に積極的に参加し、生活習慣病予防に貢献する意欲をもっている。
  4. 地域との連携を重視し、地域の食文化の継承に積極的に関わることができる。

健康栄養学科メインページへ戻る