教育課程と学位の授与

●スポーツ健康学研究科 修士課程

◆教育課程

基礎科目
スポーツ健康学特論Ⅰ(必修)スポーツ健康学特論Ⅱ(必修)スポーツ教育科学実践特論
 |  |  |
専門科目 専門演習・実習科目
運動処方特論
運動適応特論
地域スポーツ活用特論
スポーツ心理学特論
トレーニング・コーチング特論
運動生理学特論
運動学特論
健康増進特論
スポーツ健康マネジメント特論
生涯スポーツ特論
スポーツ医学特論
審判指導特論
スポーツ測定評価特論
メンタルトレーニング特論
情報科学特論
スポーツ教育科学実践演習Ⅰ
スポーツ教育科学実践演習Ⅱ
スポーツ教育科学実践演習Ⅲ
健康科学演習Ⅰ
健康科学演習Ⅱ
健康科学演習Ⅲ
インターンシップⅠ
インターンシップⅡ
特論演習Ⅰ(必修)
特論演習Ⅱ(必修)
 |  |  |
上記科目から32単位以上(必修科目10単位含む)を取得し、修士論文の審査・最終試験の合格で評価することで、修了要件を満たします。

履修モデル   履修モデル(フレックス)

専修免許状について

専修免許状(保健体育)の教科に関する科目は、「情報科学特論」と専門演習・実習科目を除き、必修を含め24単位以上修得する必要があります。

◆学位(修士(スポーツ健康学)の授与)

修士(スポーツ健康学)の学位を授与されるためには、次の3要件を満たさなければならない。

  1. 標準で2年、在学すること。
  2. 必修科目10単位、選択科目22単位、あわせて32単位以上を修得すること。
  3. 必要な論文指導を受けた上で、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。