キャンパスガイドや募集要項の請求はこちら

人間健康学部スポーツ健康学科
スポーツ健康学科トップ

経験豊かな専門家から指導
理論と実践を学び人間性も養います

人々の心と体を豊かにする「スポーツ」と「健康」。スポーツ健康学科では、スポーツを通じて豊かな人間性を養いながら、スポーツ科学と健康科学を理論と実践から学び、地域社会に貢献できる「スポーツ」と「健康」のスペシャリストを養成します。育てる人材の大きな柱は「アスリート」「教員(保健体育)」「指導者」の3つで、最新の設備を整え、国内外トップクラスの競技選手が集い、経験豊富な教員が指導に当たる、恵まれた教育環境が大きな強みとなっています。

▶スポーツ健康学科の3専攻の特長

1年次で基礎領域を学び、2年次に以下の3専攻に分かれます。

アスリート養成専攻 

—全国から国内トップレベルの選手が集結 五輪出場の指導者と運動科学者が連携ー

スポーツ界をリードし、各種競技で活躍できるアスリートを育成しています。ウエイトリフティングやトランポリン、柔道、バドミントン、相撲など国内トップレベルの運動部も多く、全国から優秀な選手が集まります。
オリンピック出場経験のある指導者や最新の練習設備など、最適な環境の中で、互いに刺激し合いながら技術を高めており、2012年のロンドンオリンピックには5選手(ウエイトリフティング2、トランポリン2、水泳・飛び込み1)が出場しました。
運動能力を高め、幅広い経験を養う実技や実習、運動生理学、スポーツ心理学、栄養学など競技を続ける上で役に立つ講義がカリキュラムに数多く取り入れられています。2015年度に教授陣や研究設備が拡充されたことにより、身体機能やスポーツメンタルに関する科学的な研究も進められ、その成果を日々の練習に反映する選手もいます。アスリートの指導者と運動科学者とが連携して指導しています。

 

教員養成専攻

—中学・高校の保健体育の教員免許取得 試験対策を強化、着実な採用実績— 

中学校・高等学校の保健体育の教員免許状を取得しやすいカリキュラムになっています。実際の保健体育指導に役立つ幅広い科目を用意し、特別講座や集中セミナーなどを開講している本学の教職センターと連動して試験対策を強化することで、教員採用は着実に実績を上げています。
2015年度からは大学院にスポーツ健康学研究科も開設し、保健体育の専修免許状が取得できるようになりました。教員に限らず、他の公務員試験にも対応したカリキュラムが組まれていることから、警察・消防、自衛隊などを併願する学生にも向いています。

 

指導者養成専攻 

—専属トレーナーから専門性の高い指導、「健康運動指導士」の養成校にも認定―

スポーツ選手のケアやメディカルサポートをするトレーナーを養成します。
2016年度からは、第2体育館内に設けられているトレーニングセンターがリニューアルされ、専属のスポーツトレーナーから、より専門性の高い具体的な指導を受けられるようになりました。北信越地区で唯一スポーツメンタルトレーニング上級指導士の資格を持ち、スポーツ心理学・メンタルトレーニングを専門とする教授も新たに加わり、将来、メンタルトレーナーなどの分野を目指す人には最適といえます。
高齢化社会の進展に伴い、地域の人々の健康づくりに貢献するスペシャリストとして、需要が高まっている「健康運動指導士」の養成校にも認定されています。健康運動指導士の資格取得に必要な現場実習を行う施設も拡充しています。


カリキュラム

教員紹介

▶スポーツ健康学科の学びの特長

■新トレーニングセンターをはじめ最新鋭の施設・設備機器が充実

さまざまな競技に対応するマシーンを拡充した新トレーニングセンターや、モーションアナライザーなど最新鋭の機器を導入した健康科学測定室など、本格的な施設を整備しています。各種スポーツに関連した体力と運動機能の向上を目指して、新しいトレーニング方法などを科学的に探究しています。

CG2017-160523-147 CG2018-170515-186

■保健体育教諭免許など多彩な資格・免許を取得

中学校教諭一種免許状(保健体育)・高等学校教諭一種免許状(保健体育)の取得が可能なほか、スポーツ指導者、トレーニング指導者、健康運動指導士などスポーツや健康に関する資格を取得できます。
教員を志望する学生に対しては、学科での指導と合わせて教職センターが教員採用試験講座を開講し、過去問を用いた指導や技能授業などを行い、サポートする体制を整えています。

■併設される健康栄養学科と連携して広い視野と知識を獲得

2016年4月に新設された同学部の「健康栄養学科」と連携し、アスリートやトレーナーなどスポーツに関わる者にとっても重要な「食と栄養」についての専門知識を学ぶことが可能です。アスリートには専門家からの栄養指導を受けられるという大きなメリットもあります。

■大学院へ進学して、より深くスポーツ健康学を学ぶ

2015年4月に開設された本学大学院スポーツ健康学研究科(修士課程)へ進学することも可能です。スポーツ健康学研究科では、3つの履修モデル「地域のスポーツ・健康推進リーダーモデル」「スポーツ指導者モデル」「保健体育教員モデル」を設定し、スポーツ健康学に関して広い視野に立った専門性や実践的な指導能力を修得、地域社会の発展に貢献できる人材、特に地域のスポーツ推進リーダーやスポーツ指導者などの人材を育成します。また、中学校・高等学校「保健体育」の専修免許状を取得できる教員養成課程を設置し、学校教育分野で活躍できる人材を養成します。 CG2019-0518-004

【取得可能な資格・検定】

中学校教諭一種免許状(保健体育) 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
スポーツ指導士健康運動指導士 トレーニング指導者 など

 

【主な就職先(過去3年間)】2015~2017年度

【製造業】

  • 化成工業
  • 金沢村田製作所
  • 小松製作所コマツ小松工場
  • サントリー北陸支店
  • 高井製作所
  • チューエツ
  • 三菱マテリアル
  • 北日本物産
  • 日本海ガス

【運輸業、郵便業】

  • 関東西濃運輸
  • 佐川急便
  • センコー
  • 日本郵便
  • 若松梱包運輸倉庫

【金融業・保険業】

  • 東郷証券
  • 損害保険ジャパン日本興亜

【不動産取引・賃貸・管理業】

  • アーバンホーム
  • 大東建託パートナーズ
  • 大和ハウスリフォーム
  • 東建コーポレーション
  • 苗加不動産

【医療・社会保険・社会福祉・介護事業】

  • アーバンホーム
  • 大東建託パートナーズ
  • 大和ハウスリフォーム
  • 東建コーポレーション
  • 苗加不動産

 

【学校教育・学習支援事業】

  • 石川県教育委員会
  • 富山県教育委員会
  • 長野県教育委員会
  • 山梨県教育委員会
  • 岡山県教育委員会
  • 岐阜県教育委員会
  • 滋賀県教育委員会
  • 金沢学院大学
  • 不二越工業高校
  • 京都府立海洋高校
  • 河合楽器製作所
  • 福岡トランポリンクラブ

【飲食店・宿泊業】

  • アパホテル
  • 日本青年館
  • のとや
  • ホテルオリオンモトプリゾート&スパ

【複合サービス事業】

  • 浦田クリニック・スコール金沢
  • 国際協力機構
  • セコム北陸
  • 綜合警備保障
  • 千葉カントリークラブ
  • 日本相撲協会
  • フィットネス21事業団
  • プレステージインターナショナル
【小売・卸売業】

  • 石川トヨタ自動車
  • 石川ヤナセ
  • ウエルシアホールディングス
  • コーシン・サントリービバレッジ
  • 生活協同組合コープいしかわ
  • ゼビオ
  • セントラルメディカル
  • 中部薬品
  • 電陽社
  • プロメディカル
  • ホシザキ北信越
  • 丸和電業
  • メガスポーツ
  • ヨシケイ石川
  • ローソン

【公務】

  • 自衛隊体育学校
  • 陸上自衛隊
  • 石川県警察本部
  • 富山県警察本部
  • 長野県警察本部
  • 埼玉県警察本部
  • 大阪府警察本部
  • 岡山県警察本部
  • 徳島県警察本部
  • 広島県警察本部
  • 旭川市消防本部
  • 新潟市消防局
  • 鯖江丹生消防組合

スポーツ健康学科  /  健康栄養学科

人間健康学部トビラ戻るへ