心理学専攻

心理学専攻トビラカット

「自分」と「社会」を幸せにする
こころと力を身に付ける

豊かであたたかいコミュニケーションを学ぶ心理学

人間とは一体何か、自分とは一体何者か。心理学はこのような疑問を解き明かすために、人の心について科学的に理解を深めていく学問です。人間の心理を知ることは、人との関わりやコミュニケーションのあり方を学ぶことでもあります。 心理学専攻では、グループワークによる実験実習や調査実習を通して、他者と実際に交流しながら、人の心を理解し、自分と他者との良好な関係を築く知識とスキルを身に付けます。こうして身に付けた力によって自らの人生を豊かにするとともに、援助が必要な人をあたたかく支えることのできる人材を目指します。

心理学の4分野から専門を選んで究める

人の認知や学習の活動の仕組みを解明する「認知・学習心理学」、人間の健やかな発達に必要なものを考える「発達心理学」、心理的な問題の解決や改善を目指す「臨床心理学」、生活の中で他者から影響を受ける行動について読み解く「社会心理学」の4分野の学びを用意しています。全ての分野をひと通り学んだ後、自分が明らかにしたいこと、知りたいことに合わせて、専門分野を選びます。3、4年次の2年間で実験や調査を通じて自分の研究を究めます。

○ピックアップ研究室 心理学専攻 室橋研究室 心理学専攻トビラ

心理学の4分野の学び

❶認知・学習心理学を学ぶ  ❷発達心理学を学ぶ

―「感じる」・「考える」を科学する―

ふだん、私たちが特に意識することなく行っている「見る」「聞く」「覚える」といった活動をあらためて見直し、実験を通してこれらの活動の仕組みを解明します。

―誕生から死までの変化を科学する―

赤ちゃんがかわいらしい理由、赤ちゃんが生まれながらに備えている能力について学び、人間の健やかな発達には何が必要なのかを考えます。

❸臨床心理学を学ぶ ❹社会心理学を学ぶ

―こころの健康を科学する―

心理的な問題について理解するとともに、心理的な問題で悩む人に寄り添い、解決や改善を目指すための方法について学びます。

―社会に生きる人間を科学する―

私たちはさまざまな人たちとのやり取りの中で生きています。人間の考えや行動が、家族、友人、地域、文化といった社会からの影響も受けていることを学びます。

磨いたコミュニケーション力を生かした就職、公認心理師にも対応

心理学で身に付けた人間の行動についての知識や、実習を通して養われたコミュニケーションスキル、データ解析によって鍛えられた統計学の知識、そして他者に思いをはせ、援助し、幸せにしようとするマインドは、多彩な業種・職種への就職を目指すベースになります。民間企業では観光関連産業やホスピタリティ産業、金融などの分野が挙げられます。また、公務員では警察、行政、そして心理職としての活躍も可能です。さらに、国家資格となった公認心理師に関しても、指定大学院への進学・修了を経て、国家試験に合格しカウンセラーになれるよう、本学での学部教育のカリキュラムを整えています。

【取得可能な資格・検定】

認定心理士(予定) 司書

文学部文学科のトップページに戻る

日本文学専攻  英米文学専攻  歴史学専攻  心理学専攻