経営情報学部【奥井ゼミ】
金沢マラソンボランティア参加学生の学習効果等に関する調査結果が新聞掲載されました!

経営情報学部3年生の奥井ゼミの学生がまとめた、金沢マラソンボランティア参加学生の学習効果等に関する調査結果が2月26日(金)北國新聞43面に掲載されました。

この調査は、2015年12月上旬に、経営情報学部全学生を対象に行われ、金沢マラソンボランティアの参加学生にどのような効果をもたらしたのかを調べることを目的として行われました。

ゼミ生は、400人分近くのデータ入力作業を行い、集計結果のうちどの点をクローズアップするかなどを経営情報学部深堀講師と共に議論を重ねました。調査結果からはボランティア参加によって学生は地域貢献により意欲的になることや学習時間が増えたことを示し、ボランティア参加に一定の効果が期待できることがわかりました。

【北國新聞2016年2月26日(金)朝刊43面】

▼画像クリックで拡大

マラソンボランティア記事紙面